テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『博士ちゃん』体験型イベント開催中!キーアイテム“博士ちゃんノート”で好奇心の扉を開こう

現在放送中のバラエティ番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』から着想を得たイベントが、テレビ朝日若葉台センターにて102日よりスタートした。

「君も博士になれる展empowered by 博士ちゃん」と名付けられたこのイベントのコンセプトは「人生の分岐点になる体験を」。

来場者は遊び心満載の展示内容から、自分の興味関心を発見したり、新しいまなびのきっかけを得たりすることができる。

1000㎡にもおよぶ広い展示スペースには、人間の体内を再現した巨大な展示エリアや、動物の特殊能力や習性を体を動かしながら体験できるアトラクション、自分の声や楽器の音がレーザービームなどで可視化されるサウンドビジュアライザーなど、好奇心を刺激する展示物が数多く用意されており、楽しみながら学べる空間が広がっている。 

来場者がまず入り口で手渡されるのが特製“博士ちゃんノート”。じつは、このノートが本イベントのキーアイテムだ。

番組に登場する大人顔負けの知識を身につけた子ども”博士ちゃん”たちの多くが、研究内容をまとめるオリジナルの“ノート”を作っていることに着目。来場者は会場を巡りながら、自分でノートをカスタマイズしていく。

会場内に散りばめられた100種類以上の“ハテナ”を記したカードを元に、湧き上がってきた疑問や知識をノートにまとめていき、イベントを体験しながら作り上げていく世界に一つだけのオリジナルノートは、新たな好奇心のトビラを開くきっかけになるかもしれない。

本イベントをプロデュースするのは、万博や芸術祭など数多くの国際イベントの企画制作をおこなってきたPanoramatiks(パノラマティクス)・齋藤精一氏。

そして、演出にはテレビ番組のアートディレクションやセットデザイン、映像監督、音楽制作など幅広い分野で活躍中のCEKAI・福田哲丸氏を迎え、イベント全体のアートワークをアーティストの大河原健太郎氏が担当した。

日本を代表する人気クリエイター陣の共演により、いまだかつてない斬新かつ良質な体験空間が誕生!

細部にまでこだわり抜かれたクリエイティブの数々は子どもから若者、大人まで幅広い年齢の方々に、刺激的でワクワクする体験をお届けする。

◆コンテンツ紹介

・体内探検

人間の体は不思議であふれている! 巨大な体の中に入って体の仕組みを体験。

・スローハント

獲物に気づかれないようゆっくり動いて、画面の中の虫を捕まえるアトラクション。はやく動くと虫が逃げてしまう。

・絶滅動物の墓場

絶滅した動物が眠る墓地。墓標に描かれているQRコードをスマホにかざすと、目の前に動物が立ち現れてくる。

・やりすぎ求愛ダンス

ユニークな動きで求愛行動をする動物になりきってダンスをすると、モニターからどんな反応が?

・博士ちゃんカルテット

番組テーマソング『博士ちゃん』を作曲した葉加瀬太郎と、楽器演奏が得意な博士ちゃん3名による夢のコラボレーション。ここでしか聴けないアレンジで番組テーマソングを披露。

・サウンドビジュアライザー

音が見える不思議な装置。音は空気の振動であり、音の種類によってどんな違いか学べる。

・ビートシーケンサー

モノを置いたり人が立ったりすることによって、音の変化を楽しめる。

さらに会場の目の前に広がる芝生エリアでは、キッチンカーで軽食や飲み物を楽しんだり、巨大迷路に挑戦できる。(※巨大迷路は土日祝のみ利用可能)

※イベント概要:『君も博士になれる展 empowered by 博士ちゃん

開催期間:2021年10月2日(土)~2022年5月8日(日)(※月曜(祝祭日除く)、年末年始(12月30日(木)~1月3日(月))休館(予定))
開館時間:【平日】10:00~17:00/【土日祝】10:00~18:00 (※予定)
会場:テレビ朝日 若葉台メディアセンター(東京都稲城市若葉台2-10-1)
アクセス:京王相模原線 若葉台駅北口より314m (新宿から若葉台まで電車で約30分)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事