テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

一ノ瀬颯、研修医役で『ドクターX』新レギュラーに!「必死に先輩たちに食らいついていく」

100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、待望の第7シリーズをお届けする米倉涼子主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』。

最新作では、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。フリーランス外科医・大門未知子(米倉)、別棟の分院へ追いやられた外科と真っ向から対立していく。

10月14日(木)にスタートする今作に、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019~2020年)で俳優デビューのみならず主演デビューも飾り、快進撃を続ける一ノ瀬颯のレギュラー出演が決定。研修医役に初挑戦する。

一ノ瀬が演じる蟻原涼平は、先日解禁された宮本茉由演じる虻川リサと同期の研修医。名門・東帝大学病院で研修を受けるなか、己の未熟さを痛感させられながらも「世界一の外科医になる!」という高い目標に向かって奮闘する青年だ。

そんな蟻原を演じるにあたり、一ノ瀬自身も奮起。

「今回は手術シーンにも立ち会わせていただくので、研修医としても、役者としても、必死に先輩たちに食らいついていく姿を見ていただければと思います!」と表明。どこまでもまっすぐに誠実に全力を注ぎながら『ドクターX』デビューを飾る。

◆現場では「アーリー」と呼ばれ愛される存在

じつは一ノ瀬、クランクインするまでは「米倉涼子さんはじめ錚々たるキャストの方々とご一緒することに緊張と不安をもっていた」そう。

しかし、萎縮した感情はクランクインと同時に払拭。「皆さんがすぐに名前を覚えて気さくに話しかけてくださったおかげで、とてもリラックスして現場に臨ませていただけています」と頬を緩ませる。

みんなの愛に包まれ、今ではすっかり現場に溶け込んでいる一ノ瀬。「監督をはじめとしたスタッフの方々も役名を『アーリー』と愛称で呼んでくださったりして、アットホーム感のある素敵な現場です!」とうれしそうに話す。

さらに、視聴者に向けても「今シーズンも間違いなく“失敗しない”おもしろさなので、ぜひ一緒に『ドクターX』の世界を楽しんでいただけたらと思います!」と力強いメッセージをくれた一ノ瀬。諸先輩方に囲まれながら切磋琢磨する彼の芝居ともども、最新シリーズから目が離せない。

◆上川周作、海老名敬を尊敬する稀有な研修医役に

最新シリーズには、蟻原&リサと同期の研修医役で、注目の若手俳優・上川周作も出演。

なぜかヘタレ外科医の代名詞(!?)、海老名敬(遠藤憲一)を尊敬している矢島源五郎を笑いといやしたっぷりに熱演する。

はたして蟻原&リサ&矢島の研修医トリオは『ドクターX』にどんな新風をもたらしてくれるのか。百戦錬磨の元祖レギュラー陣との絡みにも注目だ。

◆一ノ瀬颯(蟻原涼平・役) コメント(全文)

10年も続く“誰もが知っている人気シリーズ”に出演させていただけると知ったとき、うれしさで興奮し、大変光栄なことだと感じました!

クランクインする前は米倉涼子さんはじめ錚々たるキャストの方々とご一緒することに緊張と不安をもっていましたが、皆さんがすぐに名前を覚えて気さくに話しかけてくださったおかげで、とてもリラックスして現場に臨ませていただけています。

監督をはじめとしたスタッフの方々も役名を「アーリー」と愛称で呼んでくださったりして、アットホーム感のある素敵な現場です!

蟻原を演じるにあたっては、研修医としての未熟さや純粋さが垣間見えながらも、皆さんに応援していただけるような魅力のあるキャラクターにしていきたいです。

今回は手術シーンにも立ち会わせていただくので、研修医としても、役者としても、必死に先輩たちに食らいついていく姿を見ていただければと思います!

細心の注意を払いながらも、日々笑顔が絶えない現場で、本当に楽しく撮影させていただいています。

今シーズンも間違いなく“失敗しない”おもしろさなので、ぜひ一緒に『ドクターX』の世界を楽しんでいただけたらと思います!

※番組情報:『ドクターX~外科医・大門未知子~』第1話
2021年10月14日(木)午後9:00~午後10:09、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事