テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

篠井英介、悪役演じる現代演劇の女形!死んでしまう役では高齢の母が「かわいそう」と心配

9月22日(水)の『徹子の部屋』に、篠井英介が登場する。

現代演劇の女形俳優として知られる篠井。

テレビドラマでは“冷徹な人物”を演じることが多く、普段の自分とのギャップに疲れてしまい「甘いものが食べたい!」と思ってしまうと意外な素顔を明かす。

女形を目指すきっかけは、映画の中で日舞を踊る美空ひばりさんに憧れたこと。

故郷の金沢では伝統文化が盛んなおかげで「男の子なのに珍しいね」と言われつつもすぐに日本舞踊を習うことができた。

小学校に上がる前から女踊りも習っていたので、小さな頃から「女形で舞台に立つ人になりたい」と思っていたそう。

そして高校生のとき、杉村春子さんが“女性の美”を研究するため歌舞伎や新劇の女形から学んだと知り、「自分も頑張れば現代演劇の女形ができるのではないか」と大学の演劇学科に進み俳優の道へ。

故郷の母は高齢で舞台を観るのが難しいので悪役でもテレビドラマに出ると喜んでくれるが、死んでしまう役も多いので、役とはいえ息子が死ぬと「かわいそうだったね」と心配してくれるのだとか。

今回は名画のなかの1曲を女形のエッセンスを詰め込んだ“篠井流”で歌う。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年9月22日(水)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事