テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

日本一体が柔らかい女性!? 驚きの柔軟性に相席スタート・山添「ケジャンの作り方」

千鳥・ノブ&弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』

9月4日(土)はゲストにモデルのゆうちゃみと野性爆弾・くっきー!を迎え、「日本一のアレを持つ美女ってなんなん?」をお届けした。

これまで番組では、「髪の長さ2メートル超えの女性」や「ライブ配信で8000万円稼ぐキャバクラ嬢」など、多種多様な“なんなん女”たちを紹介してきたが、まだまだ気になる人物がいるはず…。ということで新たに4人の“おそらく日本一”たちの生態に迫った。

今回密着したのは、清水ほのかさん。

一見普通の女性に見える彼女だが、一体何の“おそらく日本一”なのだろうか…?

さっそく特技を披露してもらうと、なんとあらぬ方向に体を折り曲げ、ポリバケツにすっぽり!

番組初のリポーターとして登場した相席スタート・山添寛も「ケジャンの作り方」と驚がくした技をもつ彼女の正体は、“おそらく日本一体が柔らかい女性”。

その軟体を活かした曲芸、“コントーション”のパフォーマーとして活躍しているという。

そんな彼女が、続けざまに特技を披露!

“足床拭き”や“アクロバット爪切り”という技の数々で、驚くべき軟体を見せつける。

そして、彼女が最後に披露した大技を見るや山添は、「景品交換所のおばちゃんみたい」と一言。

これにはくっきー!も「脚を小窓と捉えたわけね。すごいな」と感嘆の表情を浮かべる。

しかし、「こんなコーナーじゃないのよ(笑)」とノブ。

「変わった女性を見る番組ですから」と制したが、山添の“例え”には「最高です」と大盛り上がりの様子だった。

さらに、この日の放送では股下88センチの女性やドラァグクイーンなど、もう3名の“おそらく日本一”たちにも密着。

山添も「よからぬ想像をしない男はいない」と語ったこの美女の正体とは!?

番組情報:『ノブナカなんなん?
毎週土曜 午後10:25~午後10:55、テレビ朝日系24局

『ノブナカなんなん?』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事