テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

美 少年・岩﨑大昇&佐藤龍我、スーパー戦隊の今と昔を学ぶ!「大胆でとても驚きました」

毎週月曜日から木曜日に放送されている『お願い!ランキング』。

8月31日(火)の放送では、オシドラサタデー『ザ・ハイスクール ヒーローズ』からジャニーズJr./美 少年の岩﨑大昇&佐藤龍我が出演。塚地武雅&カズレーザーからスーパー戦隊シリーズの今と昔を学ぶ。

美 少年が本格的な戦隊ヒーローに初挑戦している『ザ・ハイスクール ヒーローズ』。

同作で岩﨑は『秘密戦隊ゴレンジャー』オタクの高校3年生でアカヒーローに変身する真中大成を、そして佐藤はカレーライスが大好きで怪力のキヒーローに変身する土門龍平を熱演。学園の平和を守るため“魔人”と呼ばれる敵と戦う。

そんな岩﨑と佐藤に、もっとスーパー戦隊シリーズについて知ってもらおうというのが今回の企画。

「スーパー戦隊 今と昔」と題し、スーパー戦隊シリーズ大好きな塚地とカズレーザーを迎え『ザ・ハイスクール ヒーローズ』とこれまでのスーパー戦隊シリーズ45作品を徹底比較する。

「悪役」「必殺技」「サブタイトル」という3つのテーマで今と昔を比較。過去の名場面をまじえながら、塚地とカズレーザーがプレゼンを展開していく。

1982年に放送された『大戦隊ゴーグルファイブ』で1回だけ登場した幻の必殺技や、1990年放送の『地球戦隊ファイブマン』で繰り出されたカズレーザーイチオシの衝撃必殺技。そこにはなんと、現在の『ザ・ハイスクール ヒーローズ』にも繋がる“ある共通点”が!

さらに、1980年放送の『電子戦隊デンジマン』に登場した謎多き悪役には、美 少年の2人も思わずびっくり! 今では考えられない設定に「マジで!?」と驚きを隠せない様子だ。

そして1992年放送の『恐竜戦隊ジュウレンジャー』や1977年放送の『ジャッカー電撃隊』、1993年放送の『五星戦隊ダイレンジャー』などで登場した、まさかのサブタイトルも。カズレーザーと塚地の解説に、岩﨑&佐藤も大爆笑する。

◆岩﨑大昇 コメント

昔の戦隊ヒーローはコミカルな回や設定が多くあり、今放送されている戦隊作品や僕たちが出演する『ザ・ハイスクール ヒーローズ』にも受け継がれていることがわかりました。

今回の『お願い!ランキング』でたくさん戦隊のことが知れたので、自分でもいっぱい勉強して残りの撮影に活かしていきたいと思います。

◆佐藤龍我 コメント

昔の戦隊ヒーロー作品は、タイトルのネーミングや敵への攻撃の仕方が僕の想像の斜め上のものが多く大胆でとても驚きました。

僕たちの出演する『ザ・ハイスクール ヒーローズ』でも取り入れてあり、作品中に少しずつ散りばめられています。番組内で紹介されてタイトルだけで気になったものがあったので観たいと思います!

塚地さんとカズレーザーさんからさらに楽しく教えていただき勉強になりました。

※番組情報:『お願い!ランキング
2021年8月31日(火)深夜0:55~1:25、テレビ朝日系(※関東地区のみ放送)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、9月4日(土)よる11時から放送の『ザ・ハイスクール ヒーローズ』第6話のドラマ本編を先行配信中!

さらに、ドラマの裏側を追ったスピンオフ『特撮美 少年』も毎週ドラマの放送終了後に独占配信中だ。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事