テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ドラクエをやりすぎていたら人生180度好転!体の一部が異常発達し…アイドルとの交際も実現

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』が、8月23日(月)に放送される。

今回は、みちょぱこと池田美優とロバート・秋山竜次をゲストに迎え、「ずっと人と関わることを拒みドラゴンクエストばかりをやっていたら、ある体の一部が異常に発達し、人生が180度変わった人」ことテツヤさんを紹介する。

スタジオメンバーはテツヤさんの体のどこが発達したのか考え、ゲームだけに指や脳などと予想するが、答えは”足”!

足の異常発達によって、テツヤさんはド素人ながらある競技で優勝したり、大富豪から驚きの提案を受けたり、はては女性アイドルと交際…と予想もしない出来事の数々を体験してきたという。

高校生の頃のテツヤさんは、登校から下校まで一言も喋らない超陰キャラ。コミュニケーションをとるのが苦手で自分から人を避け、なかよしこよしでやっている生徒を辛辣な目で見ていたと振り返る。

そんななかで出会ったのがゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」だった。これにめちゃくちゃハマり、学校以外はゲームのレベルを上げることしかしなくなる。

モンスターと対戦すると経験値がもらえて、それが貯まると主人公がレベルアップするのだが、睡眠時間を削ってでもレベルを上げたいテツヤさんに“睡魔”という問題が降りかかる。

そこで寝落ちせずにゲームが出来るよう、自転車を漕ぎながらプレイをするという驚がくの方法を編み出す。

親が寝静まった夜12時頃、リビングに持ち込んだ自転車をローラーの上にセットし、ひたすら漕ぎながら6時間もの間ゲームをしていたテツヤさん。

最初は体力的に辛かったが、2カ月を過ぎた頃、疲れを感じなくなっていることに気がつく。

足が異常に太くなり、ゲームの勇者気分になったテツヤさんは、「自転車で行けるところまで行ってみよう!」と決意。真冬にも関わらず1万円札を握りしめ、その夜に東北に行ってしまう。

家にこもりがちだったテツヤさんの挑戦を両親も応援。期間をわけて、日本縦断に成功する。

テツヤさんはその後、「勇者たるもの、何か称号がほしい」と考えるようになり、自転車競技の大会にエントリー。あっさり優勝してしまう。

それ以降も、全国規模の自転車の大会で優勝しまくるテツヤさんは地元で一躍有名となり、あるイベントに参加。そこで出会ったご当地アイドルと、恋愛経験値ゼロながら交際に発展する。

心ときめくような日々を過ごすテツヤさんだったが、初心に帰る出来事に遭遇し、大好きなドラクエ縛りで世界4大陸自転車旅に出ることになる。

各地で人の善意にふれる一方、当然危険な目にも遭った”勇者・テツヤ”の冒険談とともに、そのはてに手に入れたという予想外のハッピーエンドを見ていく。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年8月23日(月)午後11:50~深夜0:50、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事