テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

失敗したらどうする…?『ノブナカなんなん?』番組史上初の“お節介”で拍手喝采!

千鳥・ノブ&弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』

8月14日(土)はゲストに長嶋一茂とヒコロヒーを迎えて、「ゴミ部屋に住む女ってなんなん?」をお届け。

番組ではこれまで、「再現ドラマの女王」「フリーの女性アナウンサー」などさまざまなタイプのゴミ部屋住人に密着。大きな反響を呼んできたが、その最新版が放送される。

今回紹介する女性と待ち合わせたのは、埼玉県・川口市。自然豊かな歩道に現れた四條美紗子さん(38)は一般人とのこと。笑顔がさわやかで清潔感のある姿にヒコロヒーは「ゴミ部屋住人な感じはしないですね」と戸惑いを見せる。

一体なぜ四條さんはゴミ部屋をさらしてまで番組に出演するのか?

◆ノブをあ然とさせるゴミ部屋を大公開!

いざゴミ部屋へ潜入すると、「うわ~、怖い」「なるほど、これはゴミだ」とゴミであふれんばかりの部屋に、スタジオから驚きのコメントが止まらない。ついにはノブが「モニターから臭い匂いがしてきそう!」、一茂も「VTR見てはじめて臭った!」と発言するほどだ。

富山県出身の四條さんは、1LDK(40平米)の部屋に住みはじめて10年。寝室を見せてもらうと、ノブたちの表情がさらに険しくなる。

足の踏み場のない部屋の現状について、もともと片付けが苦手だという四條さんは「床のスペースが埋まると…」と独自の考えを語る。その言葉にノブは「これはやばいね」とあ然。休日の様子も定点観測すると衝撃映像のオンパレードに!

また、番組恒例の大掃除、不要品を売っての現金調達なども行うが、掃除の様子も思わず絶句する映像の連続。スタッフも協力し、丸2日かけて何とか部屋は再生する。

じつは、人生をリセットしたかったと語る四條さん。その理由が番組後半で明かされるとともに、スタッフが番組史上初の“お節介”を試みる。

「失敗したらどうする?」(ノブ)と心配するが、結末は拍手喝采! 一体、四條さんにどんな出来事が起こるのか?

※番組情報:『ノブナカなんなん?
2021年8月14日(土)よる10:25~10:55放送、テレビ朝日系24局

※『ノブナカなんなん?』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事