テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ロバート秋山、頭を抱える!埼玉・朝霞の自由すぎる“チャーハン戦争”に「意味がわからない!」

8月13日(金)に放送される『マツコ&有吉 かりそめ天国』2時間スペシャルに、ロバート・秋山竜次が登場!

世の中に数多くあるグルメ激戦区で勃発した“グルメ戦争”を解消し、街を平和にする企画「ロバート秋山の実録・グルメ戦争~朝霞チャーハン編~」をお届けする。

今回の舞台は、埼玉県の南部に位置し、番組ではすっかりおなじみの四千頭身・後藤一家も暮らす「朝霞市」。

じつは朝霞市、チャーハンを出す店が40店舗以上もある“激戦区”で、そこにはもはやチャーハンと呼ぶのもはばかられる料理が乱立。自由すぎる“チャーハン戦争”が勃発しているという。

すると、まず向かった店でいきなり洗礼を浴びる秋山。

1軒目はまさかのイタリアンレストランで、のっけから“普通じゃないチャーハン”が登場する。

「スタンダードなやつ食わせてくださいよ」と困惑する秋山だったが、しっかりとチャーハン戦争について調査。

2021年の4月に第1回「朝霞チャーハン最強決定戦」が開催され、総勢16軒が値段750円というシンプルなルールでNo.1を競い合っていたことがわかる。

しかし、そのシンプルすぎるルールゆえ、採算を度外視した“赤字チャーハン”から“ピザチャーハン”なる邪道メニューまでさまざまな“チャーハン”が登場。多くの軋轢を生むことに…。

また、このイベントをNHKが取材していたことも判明。その結果、一部の店舗だけ有利になったのではと参加者の不平不満が爆発する。

さらに、この決戦の裏で暗躍していた“ある人物”の正体も明らかに。

そして最後、見事1位に輝いた店にも足を運んだ秋山。

そこではじめて開催当時のポスターを見ると、なぜかすでに同店が“初代王者”と表記されており…。

まだ1度しか開催されておらず、ポスターが作られた時点で王者はいなかったはずだが、なぜそのような記載があったのか。

秋山も「意味がわからない!」と頭を抱えた自由すぎる“朝霞チャーハン戦争”の結末、注目だ!

マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国2時間スペシャル
2021813日(金)よる800948、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)

『マツコ&有吉 かりそめ天国』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事