テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

田中樹(SixTONES)、サンドと過酷旅で弱音連発!「俺は平野紫耀になれない」

8月9日(月)の『帰れマンデー見っけ隊!!』では、秘境路線バスに乗ったサンドウィッチマンとゲストたちが、サイコロを振って出た目の数だけバス停を進み、飲食店を探しながらゴールを目指す人気企画「バスサンド」を放送。

今回サンドウィッチマンと千葉県君津市を旅するのは、合同ライブを開催するなど2人と仲良しの中川家。さらにSixTONESの田中樹、女優・モデルとして活躍中の髙橋ひかるも初参戦!

おじさん4人&若者2人が、世代間ギャップバリバリの爆笑珍道中を繰り広げる。

初参戦となる田中は「ライブもやっているので大丈夫です」と余裕を見せる一方で、「でも実は、暑いのが苦手で…」と、夏真っ盛りのロケに一抹の不安をのぞかせる。「3日オフがあったら家から1秒も出ずに引きこもってゲームをしています」というインドアな田中は、超過酷なこの旅を無事に終えることができるのか?

いざ旅がスタートすると、まったく飲食店が見つからず1軒目から大苦戦!

のっけから延々と歩くことになった田中は「平野(紫耀)と岸(優太)の回を見たんですよ。楽しそうに見えたのに、こんなに過酷とは…」と、すっかり弱気モード全開。さらにリーダーに任命されサイコロを振ったものの、伊達から「今までで一番やらかしてるよ」と言われる始末で…。

「俺はやっぱり平野紫耀にはなれないんだな(笑)!」とガックリ。はたして、旅の途中で名誉挽回のチャンスは訪れるのか?

◆中川家・剛、30歳下の髙橋と仲良くなれる!?

田中同様、今回がバスサンド初参戦となる髙橋は、2001年生まれ。なんと中川家が『M-1グランプリ』の初代王者に輝いた年に生まれたと知ったおじさん4人組は「怖っ…」と自分たちとの年齢差に衝撃を受けてしまう。

中川家のM-1優勝について「もちろん歴史として知っています!」という髙橋に、4人は思わず苦笑。富澤から「剛さん、30歳下ですよ(笑)」と言われた剛が、「今日は息子と同じような年齢の子と歩くんか…」と世代ギャップにがく然とするひと幕も。

旅の途中では、あたり一面に田んぼが広がるのどかな風景を前に写真を撮り始めた田中の構図を目の当たりにし、「なるほど、そうやって撮るのか!」と驚くなど若者のセンスにすっかり脱帽した富澤が、「じゃあ樹くんを撮ってみる!」と田中をモデルに“映え写真”の撮影に挑む。

さらに、髙橋がポーズを指導し剛がキュートなポーズを取ってみるなど、即席撮影会が始まって…。はたして、“映える”写真は撮れたのか?

※番組情報:『帰れマンデー見っけ隊!!』帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな 合体3時間SP
2021年8月9日(月)よる6:45~9:48、テレビ朝日系24局(一部地域はよる7:00~)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事