テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ、まさかのリーダー交代!? 百田夏菜子「あーりんが私たちをまとめてくれる」

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

三四郎をゲストに迎え、2週にわたって繰り広げられた「直感クイズ! 私ナニ背負ってるの?」が、ついに決着した。

「直感クイズ!私ナニ背負ってるの?」は2チームに別れた団体戦で、相手の背後に書かれた文字をヒントに、自分の背後に書かれた言葉を直感で推測して答えるクイズ企画。

前回は、百田チーム(百田夏菜子、佐々木彩夏、三四郎・小宮浩信)が4ポイントで、3ポイントの玉井チーム(玉井詩織、高城れに、三四郎・相田周二)をリードする展開。

今回は2回戦「ヒントチョイスバトル」からスタート。相手チームの背後に3枚並んだヒントカードから1枚ずつ選択し、そのヒントが示す正解を当てるというもの。しかし、3枚のうち1枚はハズレで、運も勝敗を左右するのがこのゲームのポイント。

◆百田夏菜子の恐るべき直感力

前回も恐るべき直感力を発揮し、チームのリードにひと役買った百田が、今回も大活躍。「波」というひとつのヒントだけで、正解の「サーフィン」を見事的中させる。

司会の東京03飯塚は「素晴らしい! 百田さんはこれがあるなぁ!」と称賛する一方、百田は自分が簡単に当ててしまったことに怪訝な顔。

もっと玉井とのターンを楽しみたかったようで、チームの勝利よりもクイズを楽しみたいという天真爛漫な百田だったが、本人さえ予想だにしない正解を叩き出す“直感力”の高さが発揮された。このあとも百田の回答ターンになると、玉井が「夏菜子が答えると怖い!」と叫ぶほど。

◆玉井詩織と佐々木彩夏の“モノノフ愛”

リードされる玉井チーム。ひとつめのヒントで「野球」を引いた玉井は「田中将大」と答えるが、不正解を告げられると「マー君じゃないのかぁ」と残念がる。

“モノノフ(ももクロファン)”として知られ、メジャーリーグでも登場曲にももクロの楽曲を使用、今年2月には『田中将大』というタイトルのコンピレーションアルバムまでリリースされた「マー君」こと田中将大。

その名前がさっと出てくるところに、ももクロとマー君の相思相愛ぶりを垣間見た瞬間だった。

一方、百田チームの佐々木も「カラフル」というヒントに対して“ももクロ問題”なのでは?と推理し、「モノノフ」と答えた。

ファンにとって心温まる回答が続いたが、玉井も佐々木も“ももクロ問題”に翻弄されるかたちで不正解。ゲームは7対6と混戦のまま、最終問題へ!

◆最終問題で大波乱

3回戦は「3文字バトル」。背後に書かれた3文字の言葉を、相手チームのヒントから推測し当てるゲームだ。

わずか1ポイントリードの百田チーム。「ぽてと」という答えに対して、「イモ」や「付け合わせ」というヒントが出るも、なかなか当てられず、最後のヒント「フライ」まで開いてしまう。

それでも三四郎・小宮はピンときていない様子。なかなか活躍できない。

また、飯塚に「“付け合わせ”でポテト出てくるでしょう」と聞かれた百田が「でも(ポテトは)けっこうメインじゃないですかぁ?」と真顔で応戦。いくらなんでもポテト好きすぎる…。

小宮が足を引っ張るかたちで、1ポイントしか稼げなかった百田チーム。

対する玉井チームはラストの問題で3ポイントを稼ぎ、最終スコアは9対8で、玉井チームが逆転勝利となった。

三四郎・相田に「楽しすぎたんで、マジで朝までやりたいですね」と言わしめたこの企画。

負けて悔しがっていた佐々木は「次に生かせる改善点が見つかったので、またこのチームでできたらな」と答えた。きっと同じチームでの第3回「直感クイズ!」も開催されるだろう。

そのときは百田本人の言葉どおり「私たちをほんとにまとめてくれる」佐々木がリーダーになるかも?

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2021年8月6日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~
絶賛公開中!

※『logirl』の詳細はこちら!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事