テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

内科医でもある『いのちの停車場』原作者、南杏子。娘を生み33歳で医学部へ、38歳で医師に

7月30日(金)の『徹子の部屋』に、南杏子が登場する。

ロングラン上映を続け話題の映画『いのちの停車場』の原作者である南。

人気作家でありながら内科医として活動をしているが、なんと医学部を受験したのは娘が生まれてから。

33歳で医学部に入り、38歳で医師になったのだという。

そんな南を一番に支えたのは、新聞記者である夫なのだそう。

医学部受験も、夫が発見したある新聞記事がきっかけだったとか。そんな夫の魅力に惹かれた素敵な秘話も明かす。

また『いのちの停車場』では、自らも映画に出演。医師役を演じた吉永小百合と看護師役として共演した際のエピソードは?

そして、終末期医療の現場で働くうえでの大変な思いなどを告白する。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年7月30日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事