テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

島崎遥香、『IP~サイバー捜査班』で佐々木蔵之介と再共演!AKB48とは真逆の“匿名アイドル”に

古都・京都を舞台に、サイバー捜査のスペシャリスト・安洛一誠(佐々木蔵之介)たちが難事件に立ち向かう姿を描くミステリー『IP~サイバー捜査班』

本日7月22日(木)放送の第4話に、島崎遥香がゲスト出演!

本名、年齢、経歴など素性を一切明かさない匿名アイドル役を演じる。

第4話のテーマは「デジタルタトゥー」。

“ネット上に投稿した情報は完全に消えることがなく半永久的に存在し続ける”というさまを意味する言葉だが、事件の発端は半年前、島崎ふんするアイドル・MAYのパートナー・YUKI(芦原優愛)が自ら命を絶ったことだった。

MAYとYUKIの2人は、素顔も経歴も明かさない匿名アイドルユニット“SNOWLIGHT(スノウライト)”として活動していたのだが、YUKIの本名や過去がネット上で暴露され、それを苦に彼女は自ら命を絶ってしまう。

怒りに震えたMAYは、YUKIについてとくに悪質な書き込みを行った10人を特定し、実名で謝罪メールを送るよう要求。謝罪しなければライブ配信で個人情報を公表すると宣言する。

過激ともいえるその発言は大炎上。安洛、古宮山絆(福原遥)、多和田昭平(間宮祥太朗)ら京都府警サイバー総合事犯係は、SNOWLIGHTをめぐる騒動に巻き込まれていくが、はたして10人は謝罪メールを送って来るのか? それともMAYは10名の個人情報をさらしてしまうのか?

運命のライブ配信がスタートするなか、新たな事件も発生するという衝撃のストーリーが展開する。

◆「なんだか再デビューするみたい(笑)」

匿名アイドル・MAYを演じた島崎は、ほぼ全編にわたってMAYのテーマカラーである“黒”の衣装を身にまとい、パートナーを失った怒りと悲しみ、そして謝罪要求という強硬手段に出たことへの葛藤を丁寧に表現。さらに、ヴェールとアイマスクで美しい素顔を隠してミステリアスに歌うPV映像も劇中に登場する。

2016年末にAKB48を卒業して以来、はじめてドラマでアイドルとしての姿を披露した島崎は「AKB48とは正反対といってもいいくらい真逆なアーティストなので、今までの経験は生かされていないかもしれません(笑)。でも、自然とお芝居をしているときよりPV撮影のときのほうが、安心感がありました(笑)」と撮影秘話を告白。

「新たなアーティスト像を皆さんに見てもらえて喜んでいただけたらうれしいです」と話したあと、「…なんだか再デビューするかのようなコメントになってしまいました(笑)」と笑顔を見せていた。

◆絆が絶体絶命の窮地に!

また、第4話では絆が絶体絶命の危機に直面。

多和田とともにMAYの警護に当たっていたところ、暴走したファンが襲撃。なんと、絆はMAYをかばって刺されてしまう。

予告映像ではブラウスを真っ赤に染め、その場に崩れ落ちる絆の姿が!

はたして絆の運命は? そのとき、安洛は?

◆島崎遥香(MAY/蘭堂明紗・役)コメント(全文)

――佐々木蔵之介さんと共演されていかがでしたか?

連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で以前共演させていただいたときは親子の役柄だったのですが、今回はまったく違った関係性で新鮮でしたし何よりまた共演させていただけたことがうれしかったです。

――アイドル役を演じられましたが、みなさんに見ていただきたいところは?

AKB48とは正反対といってもいいくらい真逆なアーティストなので、今までの経験は生かされていないかもしれません(笑)。でも、自然とお芝居をしているときよりPV撮影のときのほうが、安心感がありました(笑)。

新たなアーティスト像を皆さんに見てもらえて喜んでいただけたらうれしいです。…なんだか再デビューするかのようなコメントになってしまいました(笑)。

――京都での撮影はいかがでしたか?

京都での撮影ははじめてだったのですが、将来は京都に住みたいくらい大好きな街なのでうれしかったです!“べた焼き”という食べ物をはじめて食べたのもいい思い出になりました!

◆第4話 あらすじ

変わり者の主任・安洛一誠(佐々木蔵之介)が所属する京都府警サイバー総合事犯係は、ひっきりなしにかかってくる電話の対応に追われていた。ことの発端は、京都を拠点に活動してきた2人組の匿名音楽ユニット“スノウライト”の“MAY”こと蘭堂明紗(島崎遥香)が前夜のライブ配信で放った発言だった――。

スノウライトは素顔や素性を隠して活動してきたが、半年前、MAYのパートナー“YUKI”こと高原雪世(芦原優愛)の本名や過去がネット上で暴露され、大炎上。YUKIはそれを苦に自ら命を絶ってしまったのだ。

怒りがぬぐえないMAYは事務所社長・狭間誠(河相我聞)や弁護士・榊原真次(相島一之)と相談の上、YUKIについてとくに悪質な書き込みを行った10人を特定。そして半年の沈黙を破って開いた前夜のライブ配信で、自らの素顔を公表しつつ、その10人に明後日のライブ配信までに実名で謝罪メールを送ってくるよう要求したのだ。

さらにMAYは、謝罪しなければライブ配信内で彼らの個人情報を公表するとも宣言。それを機に、MAYに対してバッシングが巻き起こり、「ライブ配信をやめさせろ」などの苦情が京都府警に殺到する状況となったのだ。

安洛は、MAYへの襲撃をほのめかす書き込みが相次いでいることに注目。事件を未然に防ぐため、古宮山絆(福原遥)と多和田昭平(間宮祥太朗)は彼女の警護に当たるが、安洛はその現場にMAYを狙う男がいることに気づいて…!?

はたして、悪質な誹謗中傷を書き込んだ10人はライブ配信までに謝罪メールを送って来るのか――それともMAYは10名の個人情報をさらしてしまうのか――運命のライブ配信がスタートするなか、会社役員・屋島修一郎(下元佳好)が何者かに殺害される事件が発生。安洛は、彼が問題の10人のうちのひとりであることに気づくが…!?

※番組情報:『IP~サイバー捜査班』第4話
2021年7月22日(木)午後8:00~午後8:54 、テレビ朝日系24局

※『IP~サイバー捜査班』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

※SNOWLIGHT『消極的闘争と積極的逃走』のPV完全版は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」とテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』にて特別先行公開中! 

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事