テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・高城れに、高校生時代の恐怖体験を告白!「耳元で“ずぶずぶずぶ”という音が…」

「ももクロちゃんと、〇〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

7月23日(金)放送の同番組のテーマは「怪談」。

真夏にピッタリなこの企画で、ももクロメンバーを襲った“恐怖体験”が明らかに! 高城れにが高校生時代に体験した恐ろしい出来事とは?

◆佐々木彩夏、あまりの恐怖に逆ギレ!

ゲストの吉田悠軌さんは、怪談やオカルト研究をライフワークとして数々の書籍を出版するなど、知る人ぞ知る怪談研究家。じつはももクロとは、ホラー映画での共演歴も!

今回ももクロの4人は、そんな吉田悠軌さんから、怪談の語り方を学んでいくことに。

さっそく吉田悠軌さんが「隣のおばあちゃん」という怪談を披露。すると、ももクロメンバーの中で1番の怖がり・佐々木彩夏は思わず立ち上がり、しかめっ面を浮かべソワソワ!

あまりの恐怖にキレ気味の佐々木からは、「だからなんなの?って言いたくなっちゃう!」と辛らつな感想が飛び出す。

◆高城れに、恐怖体験を告白!

そんななか、吉田悠軌さんは「“音”を効果的に伝えて臨場感を演出する」、「“間”を使って不気味さを漂わせる」という2つの怪談のテクニックをももクロに伝授。

さっそく、ももクロのオカルト担当・高城がこの手法を活かし、高校生時代におばあちゃんの家で起きたという恐怖体験を告白!

「夜寝ていると金縛りにあいまして…」と、おどろおどろしい雰囲気で語り始めた高城。「その日の金縛りはいつもと違ったんです」といい、耳元で「ずぶずぶずぶ」という不思議な音が聞こえてきたと明かす。

その音にまるで自分が沈められているかのような感覚を覚えたという高城は、「なんでかな~?」と不思議に思ったのだそう。

さらに後日、高城がその場所について調べてみると、ある事実が判明! はたして、そこに隠されていた事実とは?

玉井詩織は「音を使っていて、想像しやすかった!」と話し、すっかり高城の怪談に引き込まれた様子。

一方高城は「実際に話すと、どこを怖いポイントにしたらいいのかわからなくなる…」と苦戦したといい、怪談の難しさを痛感する。

このほか、百田夏菜子が過去のイベントで味わった恐怖体験を披露!

イベント中にある声が聞こえ、恐怖を感じたという百田。その声の主とは一体?

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2021年7月23日(金)深夜2:40~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

ABEMAテレ朝動画キャッチアップ、logirlでも配信

※テレ朝動画『ももクロChan』毎週金曜日夕方、新作アーカイブを公開!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事