テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

国民的エース・上野由岐子に独占密着800日!壮絶な葛藤から復活へ…“語り”西田敏行も感動

2008年、日本ソフトボール界に悲願のオリンピック金メダルをもたらした絶対的エース・上野由岐子投手。

2日間で3試合、計413球をひとりで投げ抜いた“熱投”は日本中を感動の渦に巻き込み、「上野の413球」というフレーズは流行語にもなった。

輝かしい伝説から13年――。現在38歳のレジェンドは、今なお現役選手として活躍し続け、東京オリンピックでの金メダルを誓っている。

そんな上野投手の800日に、テレビ朝日のカメラが極秘密着! もともと取材されるのはあまり好きではないという上野投手が、テレビ朝日のディレクターにのみ許してくれた2年半の密着記録は、衝撃的なスクープばかりだ。

この2年半、日本のエースにいったい何が起きていたのか? “神様”でも“レジェンド”でもない、“人間・上野由岐子”を克明に記録したこの番組の“語り”を、名優・西田敏行が担当する。

 

◆燃え尽き症候群、大ケガ…絶対的エースを襲った試練

“国民的エース”の極秘密着は、選手生命を脅かす大ケガからはじまる。

2019年4月、ピッチャーライナーが左あごを直撃し、上野投手は下顎骨を骨折。人知れず、大手術を受けた。

そのケガから37日後、テレビ朝日のカメラのみが取材を許可され、密着取材がスタート。カメラがとらえたのは壮絶なリハビリの日々と、絶えず悩み、葛藤する彼女の姿だった。

実は北京オリンピック後、ソフトボールが五輪種目から除外されたこともあって目標を失い“燃え尽き症候群”に襲われていた上野投手。

「投げていてもぜんぜん楽しくない」「いつでも辞める準備はできている」といった思いにかられ、東京五輪での種目復帰が決定しても「オリンピックに気持ちが向かない…」と踏み出す先を見失ったままだった。

しかし、あごの骨折という大ケガを機に上野投手に芽生えてきたのが“オリンピックへの思い”だ。

「今まで惰性でソフトボールやってきたので…(今回のアクシデントは)“このままじゃダメだ”って、神様が教えてくれたんだと思う」――。前向きな思いを取り戻し、オリンピックに向けて心身ともに調整をはじめた上野投手。

ところが、そこへオリンピック1年延期という新たな試練が降りかかる。

◆東京五輪・ソフトボール開幕戦の舞台へ

そんな上野投手が昨年7月、誰にも行き先を告げずに向かったのが福島県だ。初めて福島の被災地を訪ねた上野投手。そのとき彼女が感じたこととは。

そして翌22日、彼女が降り立ったのは“福島あづま球場”のマウンド。

「東京五輪が開幕するはずだったこの日。本当は立つはずだったマウンドに上がったら、自分がどんな気持ちになるか? どんな自分がいるのか? それを感じてみたかった…」

自身にとって38歳の誕生日でもあったこの日、マウンドでひとり、5分間の沈黙。このとき、彼女をあらためてオリンピックへと駆り立てたものは何だったのか…。

◆“語り”西田敏行も上野投手をリスペクト!

上野投手から貰ったというサインボールを持って収録に

味わい深い“語り”で番組を包み込むのは、名優・西田敏行。

福島県郡山市出身の西田は、東日本大震災後、故郷・福島の復興を願い、チャリティーイベントに出演するなどさまざまな活動を続けてきた。

今回もまた、東京オリンピック・ソフトボール開幕戦が行われる故郷への強い思いからオファーを快諾。“アスリート・上野由岐子の心の復興”、“ソフトボールの競技としての復興”、そして“被災地の復興”を、人情味あふれる語りで重ね合わせていく。

また、北京オリンピックを現地で取材した松岡修造もナビゲーターとして番組に参加。松岡は、上野投手が五輪競技に復活するまでの道のりや、東京五輪に懸ける思いを深く理解する人物。自身が取材したパートの“取材後記”としてのナレーションを担当する。

“語り”の収録に臨んだ西田は、「上野投手は、人間としてとても素晴らしい方。素晴らしいアスリートであると同時に、素晴らしい人間性を持った方の映像はそれだけで惹きつけられます。俳優が一生懸命演じるよりも、ピュアで美しいものを感じましたね」と、上野投手のまっすぐな人柄に胸を打たれたことを告白。

「我々は上野さんが元気でマウンドで投げる姿が見られるだけで充分に幸せ。ピュアな気持ちをそのまま、グラウンドでゲームにぶつけてほしい」とメッセージを送っている。

北京五輪後、五輪種目から除外されたソフトボール。東京で13年ぶりに五輪に帰ってくるが、次のパリ五輪では再び除外されることがすでに決定している。東京五輪の決勝戦は、歴史に残る一戦だ。

テレビ朝日では7月27日(火)、東京五輪ソフトボール決勝を中継。13年越しの“2大会連続金メダル獲得”を目指す国民的エースに密着した特番はもちろん、五輪での上野投手の雄姿も見逃せない。

※番組情報:東京オリンピック開幕SP「帰ってきた伝説のエース 上野由岐子 波乱万丈800日」
2021年7月17日(土)午前11:00~午前11:40、テレビ朝日(関東ローカル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事