テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

有田哲平、ザワつくトリオに物申す!持ち込み企画で“1番の非常識さん”を明らかに

6月18日(金)放送の『ザワつく!金曜日』は、前回に続いてくりぃむしちゅー・有田哲平が登場!

じつは、有田にはスタジオに来た本当の目的があった。

ザワつくトリオと数々の番組で共演し、プライベートでも親しい有田が2つの持ち込み企画で長嶋一茂・石原良純・高嶋ちさ子に物申す!

1つめの企画「有田プレゼンツ! ザワつく非常識王決定戦!」では、自分たちが非常識だということを認めようとしないザワつくトリオの目を覚ますべく、有田が番組のスタッフにアンケートを実施。

各人のちょっと非常識だなと思うところを、神奈月が出演する再現VTRをまじえて見ていく。

自分のエピソードに「心当たりはなくはない」「え、常識それは!?」「反省してますよ!」と言いつつ、3人が非常識な行動にどんな理由があるのか答える。

2つめは「自分がナンバーワンはどれだ?ダービー」。20代から50代、男女100人に「裏表がないと思う人は?」をはじめ、ザワつくトリオにどんな印象を持っているのか9つのアンケートを実施する。

また、誰も当てはまらない場合の選択肢も作ったところ、大波乱が!

さらに2つの企画を通し、有田が選んだ“1番の非常識さん”には罰ゲームを行う。

◆長嶋一茂の「眠らせておきたい過去」とは

このほか「100年後に残したい日本のすごい技術力」の企画では、二酸化炭素を溶け込ませた海水で魚を眠らせて運ぶシステムを紹介。

起きている魚は泳ぎまわり、傷がつくリスクから運べる量に限りがあるが、寝ている魚はその心配がないためおよそ3倍の量を運べるという。

さらに鮮度もいいため、死んでいる状態より高値で取り引きできる場合も。

魚の流通に革命が起きるかもしれないスゴい技を見ていくとともに、「眠らせておきたい」ということで一茂の「眠らせておきたい過去」も明らかに。

かつて気になる女性がいたのだが、思いが募りすぎて…。

続いて「この工場は何を作っているのでしょうか?」では、日本のスゴい技術力を生かして作られるたくさんの製品を、工場での興味深い製造工程を見ていきながら何が作られているのか出題。

2問目の答えは意外な歴史をもつ製品。ザワつくトリオも童心に帰り、無邪気な姿を披露する。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2021年6月18日(金)午後6:45~午後8:00、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『ザワつく!金曜日』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事