テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ノブ、あ然…「ヤバい子に手を出していた」動画100万再生“ハイレグエンジニア”の今!

千鳥・ノブ&弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』。

6月12日(土)はゲストに麒麟・川島明とファーストサマーウイカを迎え、「ノブが忘れられない女スペシャル」をお届けする。

テーマを聞いて、ファーストサマーウイカも「そんな言い方!」と驚く今回は、これまで番組で密着してきた61名の“なんなん女”のなかから、放送後に人生が激変した3名を追跡調査する!

番組冒頭では、ノブの心をつかんだ“なんなん女”たち6名をボードで紹介。ビジュアルからしてインパクトのある面々で、サマーウイカは「絵力がすごいな」、川島にいたっては「質の悪い都知事選みたい」というほど。

この中からさらに厳選した3名の近況は、誰もが想像を超えるものばかりだった!

◆ノブの一言で人生が激変!

まず紹介するのは、ノブのある一言で人生が激変した「可愛すぎるウーバーガール」ことマリア友さん。

昨今、可愛すぎるウーバーガールが急増中ということで、2020年10月に紹介した彼女。

あらためて前回のVTRを見ると、ノブは「おらんて!」と可愛らしいビジュアルに驚嘆し、実際彼女がUber Eatsの仕事をしているということにゲストの2人も驚きの声を上げる。

港区を拠点に配達しているマリアさんはモデルとしても活動中。

とはいえ、本業だけでは生活ができないためウーバーガールをしていたのだが、配達しているのが港区というのには大きな理由が。

場所が場所だけに芸能関係者も多く、本業の活動にプラスになればと「営業」としてデリバリーの仕事を選択。配達先を訪ねる前には入念にビジュアルを再確認し、勝手に“港区インターホンオーディション”をおこなっていたのだ!

放送から8か月。SNSのフォロワー数が急増したのをはじめ、マリアさんの人生が大きく変わっていた。

そこには、前回の放送でノブが言った一言が影響しているという。はたしてノブは何と言ったのか?

さらにノブが「見せてください、見せてください!」と興奮を抑えられないマリアさんの近況が判明する。

◆「我々はヤバい子に手を出していた」

続いて紹介するのは、ノブが「ご両親の哀愁がすごかった」と振り返る「ヤバそうな匂い 365日ロリータ服の女」こと青木美沙子さん。

国内外に2万人もの会員がいる“日本ロリータ協会”の会長を務め、みずから「日本のロリータのテッペンにいます!」と言い切る青木さん。2020年11月の放送から7か月、以前にも増して大ブレイクしただけでなく人生を左右する出来事が!

さらに、過去にゲストとして登場した三浦翔平もドはまりした「ハイレグエンジニア」こといちはさんの近況もお伝えする。

ノブは「まだ見ていない人にこの人を見てもらうのが一番楽しみ!」と語り、弘中アナも「目がバキバキになって、疲れが吹っ飛ぶと思います」と発言。

この言葉通り、限界を超えたハイレグ姿が川島やファーストサマーウイカを絶句させる。

スーパーハイレグ姿での動画が100万回再生を達成したいちはさん。じつは2021年4月、番組放送当日に驚がくの動画を生配信していたことが明らかに!

そのときの映像とともに、彼女の近況を聞くためリモートで取材すると、「我々はヤバい子に手を出していた」とノブをあ然とさせる姿で登場する。

※番組情報:『ノブナカなんなん?
2021年6月12日(土)よる10:25~よる10:55、テレビ朝日系24局

※『ノブナカなんなん?』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事