テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

松坂桃李&井浦新、オフでもイチャイチャ!ドラマスタッフが明かす『あのキス』現場ウラ話

松坂桃李演じる主人公・桃地のぞむが恋をしたヒロイン・唯月巴(麻生久美子)が突然事故で亡くなり、中年のおじさん“オジ巴”(井浦新)に魂が入れ替わってしまうという衝撃の”入れ替わり“ラブコメディー『あのときキスしておけば』。

6月4日放送の第6話では、桃地とオジ巴がついに恋人同士に! しかし、ファーストキスをしようとした瞬間、オジ巴がとつぜん本来の人格である“田中マサオ”に戻るという衝撃的な展開が描かれ、ネット上では今後のストーリーを予想する声で大盛り上がりとなった。

そんな同ドラマの公式Instagramでは6月6日、松坂と井浦による撮影オフ動画を公開している。

可愛いがおーさんが打ち合わせ中に乱入っ」というコメントで紹介されたこちらの動画では、パーカーのフードで顔を隠した井浦が松坂に近づき、「開けて」とおねだり。松坂が「しょうがねぇな」といった表情でフードを開けるまでの“イチャイチャ”シーンが収められている。

現場に取材したところ、どうやらこの日は「オジ巴が新しい部屋着を買った」という設定で衣装合わせをしていた井浦が、一番かわいかった衣装を「桃地に見せる!」と言って打ち合わせ中の松坂を突撃したとのこと。

おちゃめな井浦の姿に、真剣に打ち合わせしていた桃地が思わず笑顔になり、2人を囲むスタッフたちもまた笑いをこらえきれず…。そんな動画からは、楽しい現場の雰囲気がそのまま伝わってくるようだ。

投稿を見たフォロワーは「もう新さん…可愛いが止まらない」「桃李さんの表情が柔らかくて、優しいなぁ」「2人の関係が微笑まし過ぎて、癒されますね~尊いにも程がある!」などの声を寄せており、ドラマ同様2人の仲のよさに癒されていた。

なお、6月11日(金)に放送される第7話では、同ドラマもついに最終章に突入。”入れ替わり“の謎が明かされるかもしれない衝撃回となっている。

オジ巴は突然“田中マサオ”に戻ってしまい、桃地は衝撃を受ける。またも命を絶とうと裸足のまま逃げ出すマサオだが、ほどなくして見つかると再びオジ巴に戻る。

“マサオ”の魂は“オジ巴”の中で生きている――。

いったいなにをきっかけに2人は入れ替わるのか、法則を探すも答えは見つからず、やがて桃地はいつか訪れる”巴との別れ“を予感しはじめ…?

※番組情報:金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば7
2021年6月11日(金)よる11:15~、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

※『あのときキスしておけば』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事