テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

“研修医”白濱亜嵐、合コンへ!野村周平&柄本時生「織姫様に会いに行くぞ」

熱い情熱をもって一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱亜嵐)が現実に打ちのめされ、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇『泣くな研修医』。

5月29日(土)、同ドラマの第6話が放送される。

連日病院に泊まり込んでいる隆治。末期がん患者の石井(須賀健太)からも、プライベートが無さすぎると心配されてしまう。

そんな隆治に息抜きさせようと、川村(野村周平)と滝谷(柄本時生)はある企画を立てる。

間もなく七夕ということもあり、「織姫様に会いに行くぞ!」と無理やり隆治を連れ出した先は…合コン。

そこで隆治は、合コン相手のひとり、はるか(芋生悠)と出会う。

はるかは母を胃がんで亡くしており、その母が入院していたとき担当していたのが当時研修医だった佐藤(木南晴夏)だったということが判明。

さらに、佐藤の研修医時代の意外な姿が語られる。

その合コンの最中、何度も病院から連絡が入っていたことに気がつかなかった隆治は、合コン終わりに急いで連絡すると、拓磨(潤浩)がまた吐いてしまったと聞き、病院に駆けつける。

◆第6話 あらすじ

連日病院に泊まり込んでいる隆治(白濱亜嵐)。末期がん患者の石井(須賀健太)からも、25歳の青年男子なのに全くプライベートがないことを心配されてしまう。

その石井は、やりたいことリストを着々と実行してエンディングの準備を進めているようで、隆治は石井から佐藤先生(木南晴夏)と徳田(清水ミチコ)への手紙を託される。が、そこに自分への手紙がないことに少し引っかかる。

そんななか、佐藤が病院へ出勤する姿を見かける。佐藤は最近、週1くらいのペースで病院の前にどこかへ寄っているようで、隆治は気になっていた。

一方、川村(野村周平)と滝谷(柄本時生)は、疲れている隆治に息抜きさせようとある企画を立てる。間もなく七夕ということもあり、「織姫様に会いに行くぞ!」と無理やり隆治を連れ出した先は合コン。

川村や滝谷は女の子たちと盛り上がるが、隆治はひとり席を外して外へ。そんな隆治のもとへ、合コン相手のはるか(芋生悠)がやってくる。

2人で話していると、亡くなったはるかの母の話になり、当時研修医だった佐藤が担当していたことがわかる。さらに、現在の姿からは全く想像できない、意外な佐藤の姿が語られる。

その夜、何度も病院から連絡が入っていたことに気がつかなかった隆治は、合コン終わりに急いで連絡すると、拓磨(潤浩)がまた吐いてしまったと聞き、病院に駆けつけるが…。

※番組情報:『泣くな研修医』第6話
2021年5月29日(土)午後11:00~午後11:30、テレビ朝日系24局

※『泣くな研修医』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事