テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

洗顔に“乳液”を使う驚きの方法も!プロが教える「季節の変わり目にオススメのクレンジング術」

5月21日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV ~VOCE』では、「もっとキレイをステップアップ!今より“ちょっと”いいワタシ」をテーマにお届け。

「季節の変わり目にオススメ!クレンジング術」が紹介されました。

教えてくれたのは、美容家の小林ひろ美さん。豊富な美容知識はもちろん、ユニークで効果的なレッスンが多くの女性の支持を集め、雑誌、テレビなどさまざまなメディアで活躍中です。

そんな小林さんに梅雨時期の肌トラブルについて聞いてみると、「高温多湿になってくると汗や皮脂が出やすかったり、肌にホコリが乗ってしまったりします。冬の疲れがまだ立ち直っていないうちに夏になってしまうので、肌がバテて、揺らいでしまうんですよね」とのこと。

そこで今回は、季節の変わり目にオススメのクレンジング術をレッスン!

まずはポイントリムーバーを、コットンに出します。

コットンを中指にはさんで、目元に当てて、20秒ほどキープしましょう。

このときひじを横にすることで、下にこすりにくくなるのだそう。優しくこすらないようにするのもポイントです。

細かい部分は指で目尻を引き上げながら、折りたたんだコットンの角を使って落とします。

続いては、顔全体のクレンジング。

「肌が揺らぎやすいときは、クレンジング剤はしっとりとしたクリーム系を。その場に応じて使い分けるといいと思います!」と小林さん。

クレンジング剤を手に出して、顔の上にスタンプを押すように乗せましょう。

鼻のまわりやアゴにもつけて、指で外回りにクルクルと顔全体に馴染ませます。

ぬるま湯で洗い流したら、次は洗顔です。

今回洗顔で使用するのは、なんと乳液!

小林さんは「“なんで洗顔なのに乳液?”って思いますよね。これは、小林ひろ美流プロテクト洗顔と呼んでいる方法。たとえば目のまわり、眉間、ほうれい線など、ちょっと気になるなというところを少し強化するために乳液をつけて、あえて脂性肌のような状態にするんです」と解説します。

クレンジングでメイクを落としたら、乾燥しやすい部分に乳液を塗って、疑似的にオイリー肌をつくるイメージです。

乾燥しやすい目まわりなどにも塗って、1分ほど馴染ませましょう。

ここから洗顔をします。なるべく摩擦をしないように洗顔するのが重要です。

洗顔料を手に出して、毛穴が気になる小鼻まわりなどから、クルクルと乗せていきます。

最初に乳液で油分を補ってから洗顔するのが小林流。毛穴のなかにある皮脂や汚れを浮かせてから、ゴシゴシとこすらずに、優しく洗顔していきます。

ぬるま湯でしっかり洗い流したら、化粧水をたっぷりつけてハンドプレスで馴染ませましょう。

美容液は乾燥しやすい部分を中心に、顔全体に重ねづけすればOKです。

小林さんは「なるべく摩擦をしないようにメイクを落として、いいタイミングで肌を潤してあげると、肌が揺らぎにくくなって、コンディションもよくなりますよ!」とコメント。

番組MCの河北麻友子さんは、これまでクレンジングオイルだけでメイクを落とすことが多かったのだそう。「目元にはウォータープルーフを使うことも多いので、目元を最初に落としてあげることが、汚れをしっかり落とすために大切なんだなと思いました」と勉強になったようです。

番組ではこのほか、「夏にオススメ!崩れにくいアイメイク」「梅雨の時期に最適!ヘアスタイリング術」を紹介しています。

※『BeauTV ~VOCE』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※番組情報:『BeauTV ~VOCE
毎週金曜 深夜1:50~(※毎月最終週は休止)、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事