テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

<特捜9>殺された天才数学者の遺体が解剖前に盗まれる!事件のカギを握るのは“謎のパズル”

5月19日(水)、井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9 season4』の第7話が放送される。

孤高の数学者が殺害された。

彼の行きつけの定食店を訪ねた浅輪直樹(井ノ原)らは、女性店主が被害者をよく思っていないことを知る。彼女の息子は数学の天才で、被害者に心を開いていたようだったが…。

その矢先、解剖前の遺体がこつ然と消えてしまう事態が発生。

事件のカギを握るのは謎のパズル。特捜班はすべての謎を解くことができるのか?

◆第7話あらすじ

裏道で男性の遺体が見つかり、特捜班が捜査を開始する。浅輪直樹(井ノ原快彦)と新藤亮(山田裕貴)は、被害者・高宮良介(朝倉伸二)が所持していたレシートを手がかりに、一軒の定食店に向かう。

店主の吉田かおり(町田マリー)は高宮が事件当日の夜、3時間ほど店にいたと証言。滞在時間が長かったのは、かおりのひとり息子で小学6年生の一輝(齋藤優聖)と数字パズルをしていたからだと話す。

女手ひとつで息子を育てるかおりは、高宮が一輝の面倒を見てくれることに感謝しつつも、他人とコミュニケーションを取るのが苦手な一輝が高宮にのみ心を開いている現状をよく思っていない様子だった。直樹は、一輝が高宮と挑んでいたパズルが意外にも高難度であることを知り、ビックリするが…。

一方、高宮が住んでいたアパートの部屋を調べた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は室内が荒らされ、パソコンが盗まれていることに気づく。部屋を調べているとそこへ、上岡昇(上川周作)と名乗る男が部屋に入ってくる。高宮に借りていた金を返しに来たというが…。

青柳はそのとき、“半グレ”の男たちがこの部屋の様子をうかがっているのを目に留める。

そんななか、高宮が天才的な数学研究者であった事実が判明する。大学卒業後、渡米して研究に従事していたが、8年前に突然帰国。以来、国内の大学からの誘いを断り続け、数学界とは距離を取っていたらしい。

その矢先、衝撃の事態が起きる! 解剖結果を聞くため、小宮山志保(羽田美智子)と国木田誠二(中村梅雀)が監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)のもとを訪ねたところ、なんと解剖前の高宮の遺体がこつ然と消えていたのだ。

いったい遺体はどこに、そして誰が何のために盗んだのか!? 謎は深まるばかりで…。

※番組情報:『特捜9 season4』第7話
2021年5月19日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※『特捜9 season4』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事