テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

傷心の松坂桃李、“おじさん”井浦新をナデナデ…!『あのキス』第2話も怒涛の展開

ポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂桃李)が、ある日大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に…。

悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)で…。

松坂演じる桃地と、麻生演じる蟹釜ジョー先生の淡い恋の予感から突然の飛行機事故、と第1話から怒涛の展開を見せたドラマ『あのときキスしておけば』。本日5月7日(金)放送の第2話では、いよいよ物語が本格的に動き始める。

第1話の最後、沖縄に向かった桃地と巴を襲った突然の飛行機事故。奇跡的に軽傷だった桃地は、搬送された病院で巴が亡くなったという事実に直面する。

呆然とテレビの前で立ち尽くす桃地のもとに現れたのは、大量の涙と鼻水にまみれた見知らぬおじさん…。しかもおじさんはものすごい力で桃地の腕を掴みながらこう言った。

――「桃地、私よ、巴。蟹釜ジョー」――

怒涛の展開をみせた『あのキス』第1話だが、主演の松坂も「1、2話合わせて初回だと思っている」と語っている通り、実は第1話はプロローグ。いよいよ第2話から、本格的な『あのキス』ワールドがスタートする。

第2話も激しい展開の連続! 東京までついてきた見知らぬおじさんは、まだまだ事態が飲み込めない桃地をよそに、桃地のアパートに上がり込み、まさかの同棲開始。

さらには巴の葬儀が執り行われると聞き、参列を希望するおじさんに連れられてお通夜の会場へ…。と、人のいい桃地はとことんまでおじさんに振り回され、引っ張り回されてしまう。

さらにはお通夜の席でおじさんが、巴の母・妙(岸本加世子)に向かって「ママー!」と叫びながら駆け寄ってしまい、会場が大パニックに!

桜の花びらが舞い散るなか号泣するおじさん。そして、そんな彼の頭に、おずおずと手を伸ばす桃地…。

桃地は果たしてキスをすることができるのか…? 衝撃展開の第2話も見逃せない!

そして、『あのキス』オリジナルグッズも発売中!

桃地とオジ巴のモーニングルーティーンミニドラマでも登場し、これから本編にも登場予定の桃&カニの“ラブラブマグカップ”や、桃地やスーパーの仲間たちも御用達のエコバック“ゆめはなバッグ”、さらには色気満載のポスタービジュアルがあしらわれた“豪華クリアファイル“など、あのキスワールド全開のグッズが販売開始している。(詳しくはこちらへ)

※番組情報:金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』第2話
2021年5月7日(金)よる11:15~、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

※『あのときキスしておけば』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事