テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『カレン食堂』初のゴールデン!滝沢カレン「本格的に、本気で、ウソなしで絶対楽しいです!」

見事な料理の腕前をもつ滝沢カレンが、店にやってくる来店客の要望に“NO”とは言わず料理を振る舞う番組『NOと言わない!カレン食堂』

これまで3回放送してきた同番組が、5月15日(土)、初のゴールデンタイムで放送される。

食堂の主である滝沢はさぞかし喜んでいるかと思いきや、「まだ本当にゴールデンで流れるか、まだそう思えなくて。本当に現実になるかは、5月15日にならなきゃわからないです」となぜか懐疑的。それでもやはり「最初に聞いたときはすごくうれしかったです」と喜んでいる様子だ。

その一方で、「(番組のリーダーは)自分だけが楽しむのではなく、ゲストさんをいかに楽しませられるかが大事だと聞いたので、その点に緊張しながらも、一緒に楽しむことを心がけました」と、主として頼もしく語ってくれた。

これまでは滝沢の独特なトーク、そして何より素晴らしい料理の腕前で来店客たちを驚かせてきたが、第4回目となる今回は新しい試みも追加。滝沢も「本格的に、本気で、ウソなしで絶対楽しいです!」と断言するほど驚き連発の展開でお届けする。

◆初ゴールデンに豪華メンバーが来店!

これまで高橋茂雄(サバンナ)が常連客として番組を進行してきたが、新たに近藤春菜(ハリセンボン)も常連客として加わることに。滝沢とは公私に渡って親交がある間柄だけに、高橋とともにより一層食堂を盛り上げてくれる。

さらに、記念すべき今回は豪華2本の企画が放送されるのだが、その前半パートでは乃木坂46・齋藤飛鳥、SixTONESの髙地優吾&田中樹、下野紘をはじめ、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ハナコ、ホラン千秋という豪華メンバーが来店。

彼らがそれぞれ持参した「やみつき食材」で簡単に作れる絶品料理を作りおもてなしするという、初の試みを実施する

過去に何度か共演していて、一度『カレン食堂』にも来店したことがある齋藤飛鳥は、前回の出演時に滝沢と友達になりたいという話になり、その後じつは連絡を取り合う仲に発展。今回も滝沢の料理とトークを満喫した様子で、「カレンさんの天才ぶりをヒシヒシと感じました」と語った。

さらに、SixTONES・髙地&田中、そして下野も終始爆笑で、収録後には口々に「楽しかった!」と語っていた今回。来店客たちに滝沢がどんな料理を振る舞うのか、そしてどんなトークが繰り広げられるのか注目だ。(※後半パートのゲストや詳しい放送内容は後日発表)

◆滝沢カレン コメント(全文)

初のゴールデンですが、まだ本当にゴールデンで流れるか、まだそう思えなくて。本当に現実になるかは、5月15日にならなきゃわからないです。なので、収録中は「ゴールデンだ! ゴールデンだ!」と思ってやっていないんですけど、最初に聞いたときはすごくうれしかったです。

でもうれしいのと同時に、人がよく言う「緊張する、プレッシャーになる」という意味がわかりました。自分だけが楽しむのではなく、ゲストさんをいかに楽しませられるかが大事だと聞いたので、その点に緊張しながらも、一緒に楽しむことを心がけました。

料理は相当よくできました! ただ、今回は「簡単な料理」というテーマもあって、その点もドキドキしたんです。難しいことをしていると思われたらどうしようとか、こんなこと普段しませんって言われたらどうしようとか。

でも、そういうことばかり考えちゃうとよくないので、堂々と自信をもつようにして。そもそも出しているからには、料理の味には100%の自信があったので。あとは、ゲストの方たちが、みんな笑い声が大きくて、それがすごいうれしかったですし、本当に助かりました。

今回の『カレン食堂』は、本格的に、本気で、ウソなしで絶対楽しいです! 放送日は、ゴールデンウイークが終わっちゃった後で悲しさがあるときだと思いますが、「休みが終わっちゃった…悲しいよ」の以前の気持ちをこの番組で取り戻します!

ゲストのみなさん一人ひとりが楽しいですし、そして楽しんでくれているのですが、「美味しい」の先にある「楽しい」は、何よりの旨味成分だと思います。なので、みなさんも絶対に食べて、見てください。

◆齋藤飛鳥 コメント(全文)

これまでカレンさんとは何度が共演して、『カレン食堂』にも以前お邪魔しましたが、今日はいつにも増して、カレンさんのコメントがキレッキレでした。みんな口々に「天才だ、天才だ」「すごいな、この人」ってずーっと言っていて。全員が楽しんでいたと思います。私もその天才ぶりをヒシヒシと感じました。

料理も全部美味しかったです! 簡単なレシピは今世の中にいっぱいあって、私もそれなりに調べたりするんですけど、「けっこう工程があるな」とか「あれもこれも用意しなきゃダメだな」とか思うことも意外と多くて。

でも今回のカレンさんの料理は本当に簡単で。みなさんが食材をもち寄ったことで、身近な食材もいっぱいあったし、本当に自分でも作ろうと思いました。

この番組が楽しいのは、カレンさんのコメントで伝わったと思うんですけど、私としては、このお料理を作るまでにどのくらい苦労したのかな、大変だっただろうなってすごく感じたので、そんな軽い気持ちで見ないで欲しいです!(笑)

楽しみながらも、今カレンさん頑張ってる、あ、このレシピ大変だったんだろうな、って思いながら、そして労わりながらぜひ見てください。

◆髙地優吾(SixTONES) コメント

収録はとても楽しかったです! カレンさんの言葉のセンスがすごく斬新で、新しい料理番組だなと感じました。

調味料の分量を説明するときは、同じくらいのゴマの量を使っているのに、毎回違う説明が飛び出してくるのが驚きでしたね。そんなワードがどうやったら出てくるのだろうって思いました。分量の説明を待ってしまうくらいおもしろかったですね。

今回披露していただいた料理は、自分でも作りたいなと思います! 紅ショウガの料理は本当に美味しかったですし、餃子の皮もあんなふうにアレンジできるんだと学びました。

冷蔵庫に残っている食材をどうするか悩むこともあると思うんですが、この番組を見たら一発で解消すると思いますし、残った食材の使い道が百通りあるんだ!っていうことがしっかり学べると思うので、僕たちと一緒に楽しんで見ていただけたらと思います!

◆田中樹(SixTONES) コメント

カレンさんの料理はすごく美味しかったです。そして何よりも収録が楽しかったです! 途中から自宅でテレビを見ているように夢中になって収録を見ていました(笑)。

毎回調理に入る前にカレンさんが「クッキングスタート!」って言いながらポーズをされるのですが、あのポーズには驚きましたね。料理に関係あるポーズや毎回ポーズに何か統一性があるのかと思いきや、毎回違う上に料理にもぜんぜん関係なくて…。あれには引き込まれましたね  あの瞬間は背筋を正しながら「次は何のポーズだろう」って期待して待っている自分がいました。

披露していただいた料理は簡単だったので、僕も作りたい!…って言いたいですが、僕の冷蔵庫には食材が入っていないので母親に作ってもらおうと思います。

視聴者の方はこの番組を楽しみに待っていると思いますが、僕たちもみんなと同じです。視聴者として収録を楽しみました。見ていただけたら絶対に楽しいと思います!

◆下野紘 コメント

『カレン食堂』は、家の近くに欲しい食堂だなって思いましたね。まったく飽きさせない食堂です。全面的におもしろかったですし、あとはあの独特の料理名! ハチャメチャな名前かと思いきや、その名前にはちゃんと理由があるというところに感動しました。名前だけでも驚きを与えてくれる、すごい料理だなと思いましたね。

カレンさんはすごくやわらかい雰囲気がありつつ、独特のワードを使ってトークをされる方なんだろうな、というイメージがあったんですけど、今回はじめてお会いしたら、イメージのままでした(笑)。そして料理の腕は、本当にすごいなって思いましたね。

自分の「やみつき食材」の生ハムが、あんな形で料理になるとは思っていませんでしたし、味のバランスがすごくよくて。収録時には言えなかったんですけど、感動しすぎて震えました! 絶対に自分でも作りたいと思います。

ものすごくおもしろくて、笑いを堪えることができない番組です。料理もトークも素晴らしいので、料理に興味がある方はもちろん、老若男女問わず、ぜひともみなさんに見ていただきたいですね。

※番組情報:『NOと言わない!カレン食堂
2021年5月15日(土)よる6:56〜よる8:54、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事