テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

広末涼子、玉木宏にまさかの発砲!“魂の芝居”がぶつかり合う<桜の塔>

『3年A組 ー今から皆さんは、人質ですー』(2019年)など衝撃作を次々と手がけてきた今もっとも旬な脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリーをもとに、桜の代紋を掲げる警視庁の頂点=警視総監の座をめぐる激しい出世バトルと、壮絶な人間ドラマを描く『桜の塔』。

4月22日(木)放送の第2話では、あらゆる手段を駆使して「野望の階段」を駆け上がっていく警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木宏)が、はやくも“権力”と“警視総監の座”を手に入れるための大きな足がかりを掴むことに!

漣は、同期である警備部所属の新垣広海(馬場徹)と警務部所属の馳道忠(渡辺大知)とともに、「警視正」昇進候補者に選ばれる。

しかし、警視正の空き定員は2名。極めて不利な派閥に属する漣は、何が何でも評価を上げ、昇進を我がものにするため、自らが捜査指揮をとる連続通り魔事件の社会的反響を大きくしようと画策する。

第1話から視聴者の度肝を抜いた“類まれなる頭脳”と“練りに練られた策略”を駆使し、ひたすら暗躍の道を突き進んでいく。ところが、この野望に満ちた判断はやがて、まったく想定外の“事件”を招いてしまい…。

そんななか、さらにもうひとつ想定外の事件がぼっ発!

あろうことか、幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)が、漣に向かって銃を突きつけるという緊急事態が発生する。

◆玉木宏と広末涼子の“魂の芝居”が激突!

前回、銀行立てこもり強盗事件で捜査の代理指揮をとり、冷静沈着かつ見事に事件を“解決”へと導いた漣。しかし、これはすべて漣が仕組んだ出来レースだった。

第1話のラストでは、その策略の全貌までは把握できていないものの、漣が事件解決のための証拠を捏造したことを察知した爽が、真相を詰問。

しかし爽は、涙を浮かべて「お前に何がわかる!?」と本音を一瞬あらわにした漣に投げ飛ばされ、真相を追求できぬまま…。

そんな出来事を経て、迎える第2話。今度は、爽が漣に対して銃口を向けることに!

しかも、漣は怯むどころか、まっすぐに爽を見据えて「撃て!」と絶叫。逡巡の末に、意を決した爽は引き金に力を込め、発砲し…。

幼いころから知る漣の人柄がいつしか180度変わってしまったことを嘆きながらも、良き理解者であり続けた爽。

なぜ漣の命をも危ぶむ行動に出てしまったのか。そして、漣が発砲を促した理由とは?

静と動、野望と正義。玉木と広末の“魂の芝居”がぶつかり合うなか、漣の野望のワケをひも解くヒントとなる「衝撃の事実」も明かされる。

◆第2話 あらすじ

銀行強盗事件で手柄を立てた警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は、1日おきに女性たちが矢で襲われるも負傷者はゼロ…という奇妙な連続通り魔事件の捜査指揮を担当。

さらに、同期である警備部所属の新垣広海(馬場徹)と警務部所属の馳道忠(渡辺大知)と共に、警視正への昇進候補者にも選ばれる。

だが、警視正のポストの空きは2人分…。3人それぞれの上司である刑事部長・千堂大善(椎名桔平)と、警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)、警務部長・吉永晴樹(光石研)は、警視総監・荒牧雄彦(段田安則)に推薦すべき人物を絞るため会議を開くが、いつしか派閥同士の小競り合いに発展し、話し合いは難航…。

すると、荒牧が「1週間後に投票で決めよう」と、前代未聞の提案をしてきた! しかし投票者の半数は、吉永率いる「東大派」と権藤率いる「薩摩派」の2派閥に属する者で占められている。言わずもがな、「外様派」である千堂の下にいる漣には極めて不利な状況だった…。

それでも野心をたぎらせる漣。彼は連続通り魔事件が社会的に大きな反響を呼べば、捜査指揮をとる自分の評価も上がるとにらみ、静かなる闘志を燃やす。

そんななか、動画サイトでは芸人・Mr.予言者(渡部豪太)が、5件目の通り魔事件を予測し、犯行現場に遭遇するところまで配信したことで、ふたたび世間の注目を集める。しかしこれは、犯人に殺意がないと確信した漣が、裏で仕組んだパフォーマンスだった!

そうとは知らず、警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は捜査を続行し…。

ところがその矢先、まったく想定外だった“事件”が起きてしまい…!

※番組情報:『桜の塔』第2話
2021年4月22日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事