テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

白濱亜嵐、母からのサプライズ手紙に涙…のはずが爆笑!「すみません、うちのメアリーが」

鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱亜嵐)が現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇『泣くな研修医』

初回放送を4月24日(土)に控えた本作が、制作発表記者会見を開催。

初の医師役となる研修医・雨野隆治を演じる主演の白濱亜嵐をはじめ、木南晴夏、野村周平、柄本時生、恒松祐里が登壇した。

白濱、「4月を迎えて新しい環境に身を置く方も多いと思います。この作品は、僕たち同期4人も研修医になったばかりの設定で、目の前の壁にぶつかったり、葛藤したりと、共感していただける内容になっていると思います」と語る本作。

原作は現役医師である中山祐次郎氏が書いているだけあり、医療シーンがリアルに描かれているところも魅力のひとつだ。

医療用語や医療現場の所作を覚えるのが大変そうだが、白濱は「僕は研修医役で、不慣れで医療用語もうまく言えない、手順もうまくいかない感じの役なので。木南さんが優秀な外科医役なので、大変そう…」とコメント。すると木南は「私はバリッバリのキレッキレの外科医なんですけど、お医者さん役ははじめてで。本当は研修医からやりたかったな…」と本音を吐露する。

それでもカンファレンスのシーンなど、医療用語のセリフが一番多いという白濱。野村が「基本的に難しいセリフとか手術シーンとかは亜嵐さんに任せて、僕らは外から応援しています!」というと、柄本も「ずーっと頑張れって言っています」と話し、医療ドラマの撮影で大変なこともある一方、いい雰囲気で撮影が進んでいる様子をうかがわせる。

そんな現場の雰囲気を聞かれると、「周平がムードメーカー。ずっとしゃべってます」と告白した白濱。しかし、野村は「(何をしゃべっているのかは)言えないです!」と、残念ながらその内容は謎のままとなった

ほかにも「みんなが時生くんの写真を撮っています」(野村)や「インスタの虫眼鏡マーク(=検索画面)を見ると、その人の好きなものの傾向がわかるんですが、それを見せあっています」(恒松)など、現場で流行っていること教えてくれたキャスト陣。

さらに、白濱は「周平が釣り好きで、釣った太刀魚をくれて、それを料理しました」という話も披露するが、これには野村が「でも、あげた日は現場に忘れていったじゃん。ホント薄情だな…」と暴露していた。

◆新人時代の「泣きたくなった」エピソード!

『泣くな研修医』は、白濱演じる隆治ら研修医たちが医療現場の現実に直面し、幾度となく涙を流しながら奮闘し成長していく物語だが、そんな本作のテーマにちなんでキャスト陣が新人時代の「泣きたくなった」エピソードを新人時代の写真とともに披露。

一同が初々しい写真をもち寄るなか、白濱が披露したのは、思いのほか大人な印象のうえギラギラの演歌歌手のような衣装にオールバック気味のヘアと、意外な写真。これに爆笑が巻き起こる。

しかし、実はその写真はEXILEの新メンバーを決めるオーディションに合格した直後のもの。「合格した瞬間は、泣いていましたね」と白濱が振り返ると一転、ステキな話に全員が聞き入っていた。

◆白濱へ母からのサプライズの手紙!

さらに会見では、白濱の母から手紙が届くというサプライズが。何も知らなかった白濱は「え? なに?」と驚きを隠せない様子をみせる。

『泣くな研修医』だけに感動で泣いてしまうと思いきや、涙どころか笑いをこらえる場面もあった白濱。「ステキな内容だなと思ったんですけど、脳内で母が話す声に変換されて、それがおもしろくて…」と予想外のリアクションの理由を明かす。

さらに手紙には、「亜嵐が夢を叶えて本当によかった。自慢の息子をもってママが一番幸せです」など母の愛あふれるメッセージや、白濱が夢を抱いてから実現するまでの道のり、それに対する両親の思いも。

これには白濱も「すみません、うちのメアリー(母)が」と照れ隠しなのかおどけていたが、その表情はうれしそうだった。

◆会見の模様は4月23日(金)に配信

今回の会見の模様は、4月23日(金)夜9時からAbema、Abemaドラマ公式YouTube、 TELASA、テレビ朝日LINE公式アカウントにて配信。

ここでは紹介しきれなかったキャスト陣による笑いの絶えないかけ合いも必見だ。

※番組情報:『泣くな研修医
2021年4月24日(土)スタート!毎週土曜 午後11:00〜11:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事