テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

錦野旦の大ヒット曲『空に太陽がある限り』 曲に秘められていた渚まゆみのリアルな“恋心”

4月19日(月)の『徹子の部屋』に、錦野旦と渚まゆみが登場する。

『バラが咲いた』や『夜霧よ今夜も有難う』など、数多くの名曲を生み出した昭和のヒットメーカー・浜口庫之助さん。今回番組には、愛弟子・錦野と浜口さんの妻の渚、そして「教え子」だった黒柳徹子というゆかりのメンバーが揃った。

1971年に発売され、浜口さんが作詞・作曲をした錦野の大ヒット曲『空に太陽がある限り』。そこには浜口さんと渚が育んだリアルな恋心が秘められていたという。

それから50年。見事な筋肉美で知られる錦野も現在72歳。

自信満々で参加した初のマスターズ水泳競技大会ではまさかの「最下位」に。以来、妻からの叱咤に支えられ優勝経験をもつほどになった。そんな錦野が自慢の肉体を駆使した「衝撃映像」を披露する。

一方の渚は現在76歳。亡夫のモットー「楽しく生きる」を実践する愉快な映像に、錦野の一言は?

※番組情報:『徹子の部屋
2021年4月19日(月)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事