テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

水野美紀、“アメリカ育ちの切れ者調査員”を怪演!加藤浩次「頭が下がります」と爆笑

4月14日(水)、企業からの依頼を受けて番組独自の顧客満足度調査をおこない、商品に対する顧客の忖度ない意見をどストレートに発表する『満足度調査員 忖度ナシ蔵&ナンシー』が放送される。

加藤浩次とファーストサマーウイカの最強タッグがMCを担当。加藤とは3月まで朝の情報番組で絶妙なやりとりを見せてきた近藤春菜(ハリセンボン)がゲストとして出演する。

また“遠慮を知らない調査員・忖度ナシ蔵”役に尾上松也、さらには水野美紀がアメリカ育ちの切れ者調査員”忖度ナンシー”として登場し、怪演をみせる。

この豪華メンバーが今回調査するのは大手回転寿司チェーンと、驚安でおなじみの大手ディスカウントストアの2社。はたしてどんな調査結果が待ち受けているのか。

◆転落した回転寿司チェーン。起死回生の取り組みは成功したのか、試食調査!

1社目の大手回転寿司チェーンからの依頼は、「5年以上、来店していない人に満足度調査をしてほしい!」というもの。この回転寿司チェーンはもともと業界売上1位だったが、現在は4位に転落。

社長いわく再びトップに返り咲くため、ここ5年でさまざまな改革をおこなってきたとのことで、かつて“よくないイメージ”を抱いた人々に生まれ変わった現在のメニューを食べてみてほしいというのだ。

そこで調査員・忖度ナンシーが立ち上がり、5年以上店を訪れていないという一般の人々20名を集めて調査を実施。

「ネタの新鮮味があまり感じられなくて、利用を控えていました」「安かろう、悪かろうのイメージ」とまさに忖度のない意見をいう20人が、この5年で改良した10メニューを試食。「オススメしたい」「どちらともいえない」「オススメしない」という3つの選択肢で味を評価する。

社長は「食べてもらえればすべての方によさが伝わるはず!」と絶対の自信を見せるが、はたして5年間の努力は報われるのか。

◆水野美紀の“怪演”から目が離せない!

今回は、忖度ナンシー役でVTR出演する水野からも目が離せない。

“顔芸”とよびたいほどの濃厚演技で商品を説明する水野に、加藤は「頭が下がります」と爆笑し、ウイカも「ナンシー最高!」と大絶賛。まさに、“忖度ナンシー劇場”の開幕だ!

そしてスタジオでは、加藤ら出演者も試食。突っ込んだ意見を放出し、なんと社長が「すぐ実行します!」と宣言するほど秀逸なアイデアも飛び出す。

それだけでなく、料理のプロにも味わってもらい、商品をより魅力的に変革するためのヒントを模索。まるで新メニュー開発の現場をのぞき見するような臨場感も楽しめる。

◆激安でおなじみディスカウントストアのPB家電をジャッジ

2社目の依頼は、激安でおなじみの大手ディスカウントストアからの「2021年2月にリニューアルしたプライベートブランドの満足度調査をしてほしい!」というもの。ディスカウントストア社員による自社オリジナル商品の採点と、家電のプロ3人の採点を比較する。

ピックアップするのは高性能ながら低価格を実現した炊飯器やコーヒーメーカーなど計5品だが、あまりにリーズナブルな価格設定に、尾上演じる忖度ナシ蔵は「非常に怪しい」「こんな安くて、使い物になるのか!?」とビックリ。社員たちも「プロに見ていただいても恥ずかしくない商品です」と超強気だが、家電のプロ3人は辛口レビューで知られる人物ばかり。

「これは買うべき」「100点でもいい」と好評価が出たかと思えば、バッサリ一刀両断される商品も…。はたして、企業の自己評価を専門家の得点が上回ることはできたのか。

調査は波乱続きで、最後は加藤から企業側に驚きの提案が持ちかけられる事態にまで発展。そしてなんといっても見逃せないのが、水野同様ノリノリでナシ蔵を体現する尾上。“百面相”ともいうべき、迫力満点の演技が番組を盛り上げていく。

※番組情報:『満足度調査員 忖度ナシ蔵&ナンシー
2021年4月14日(水)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事