テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

“捜査一課長”内藤剛志らが新シーズンへ決意!「ドラマを通じて“小さい希望”を伝えたい」

ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描き、シリーズ誕生10年目という節目を迎えた『警視庁・捜査一課長』

4月8日(木)の『season5』初回2時間スペシャル放送を前に、4月3日(土)午後8時よりライブ配信を実施。大岩一課長役・内藤剛志、平井真琴役・斉藤由貴、奥野親道役・塙宣之(ナイツ)、小山田大介管理官役・金田明夫、ビビ(大岩一課長の愛猫)らおなじみメンバーに加え、今作より新たに加わる鑑識・古代学役の飯島寛騎も参戦し、最新シーズンへの決意を語った。

◆内藤剛志(大岩純一・役)コメント

――シリーズ誕生10年目ですが、10年間を振り返っていかがですか?

10年はあっという間でした。最新シーズンでもさまざま新しいことをはじめているので、また新たな作品に挑戦している気持ちです。

新加入した飯島寛騎くんは、はじめから仲間のような感じですよ。僕らと飯島くんの間にギャップがあるとしたら…“顔の大きさ”ですね。スタイルがいいので、2ショットの写真を撮られたくないぐらいです(笑)。

――石崎ひゅーいさんが書き下ろした主題歌『アヤメ』を聴いた感想は?

大変素晴らしい曲をいただきました! 歌詞のなかにタイトルの“アヤメ”という言葉は1回しか出てこないのですが、調べたらアヤメの花言葉は“希望を伝えるメッセージ”というような、いい言葉でした。

僕たちのドラマもみなさんに希望を伝えたいと思って作って来たので、そのことを歌ってくれたんじゃないかなと勝手に思っています。音楽として最高なものをいただきました!

――初回2時間スペシャルのみどころは?

飯島くんがレギュラーに入ってくれて、ゲストには伊原六花さん、鈴木仁くんが来てくれるなど新しいメンバーでお送りしているのが最大のみどころです。セットも少し変わって、2020年とはテイストが少し異なっているのもみどころですね!

刑事ドラマですから、まずは犯人捜しを楽しんでいただきたいのですが、僕たちはドラマを通じて“小さい希望”を伝えたいと思っています。

このドラマをご覧になって木曜の夜や金曜の朝は上機嫌になっていただきたい。そのために僕たちは一生懸命、力を尽くしていいドラマを作り続けます。楽しみにしてくださっている方に届くように頑張ります。

――今回のライブ配信の感想をお願いします!

昨年2か月、コロナ禍で撮影ができない間、なんとかして視聴者のみなさんと一緒に楽しみたいという思いから“ライブ配信”や“テレワーク捜査”という企画が生まれました。“ピンチをチャンスに変えよう”と思ってチャレンジしてきたので、また機会があったらみなさんとこうやって楽しい時間を過ごしたいと思います。

◆斉藤由貴(平井真琴・役)コメント

私にとって内藤剛志さん、金田明夫さんの2人は家族みたいな感覚で、仕事ではなくて楽しむために撮影に来ているような感じなんです。

この現場は本当に“ファミリー”なので、みなさんにもその熱量を感じていただければうれしいです。そして笑ってください!

◆飯島寛騎(古代学・役)コメント

クランクイン前までは転校生みたいな気分で“大丈夫かな”という思いも強かったのですが、みなさんが快く受け入れてくださって、すごくやりやすい環境を作ってくださいました。

今回のライブ配信もすごく楽しかったです。視聴者のみなさんのご期待にこたえられるように、古代学役を頑張っていかなければと思っております。ご家族で楽しめる作品なので何気なく見て楽しんでいただけたらうれしいですね。

◆塙宣之(奥野親道・役)コメント

出演して4年目になりましたが、最近ようやく、以前、運転担当刑事を演じていた田中圭さんに戻してくれ、という声が少なくなってきました(笑)。やっと年下の飯島さんがメンバーに入ってきてくださったので、これからは厳しく先輩風を吹かせていこうかなと思っています(笑)。

初回2時間スペシャルでは僕もスゴイことをやらせていただいていますので、ぜひ見ていただきたいです。

◆金田明夫(小山田大介・役)コメント

この10年間は、やはりあっという間でした。“光陰矢の如し”ではないですが、前を向いていたら10年が経ちました。今後も20年30年…頑張ります!

10年という歴史に甘んじることなく、これからも毎回新鮮で素晴らしいドラマを送り続けます。ぜひとも木曜8時はチャンネルを合わせてください。

※番組情報:木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season5』(初回2時間スペシャル)
2021年4月8日(木)スタート!毎週木曜 午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

※ライブ配信アーカイブは番組公式Twitterテレビ朝日LINE公式アカウント 、ABEMAYouTube ANNnewsCHにて公開中!

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」でも順次公開予定。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事