テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

一軒の居酒屋が見つめるオリンピックの記憶。57年前の金メダル獲得の夜に見た“忘れられない光景”

テニスの現役を退いてから「応援すること」を生きがいにしている松岡修造が、東京オリンピック・パラリンピックや未来に向けてがんばる人たちを応援する「できる宣言」。

今回紹介するのは、山梨県・甲府市の商店街にある一軒の居酒屋。

オリンピック通り”と呼ばれる通りを入っていくと、『与作』が流れる昔ながらの居酒屋があった。

迎えてくれたのは、居酒屋「くさ笛」の女将・樋口東洋子さん(80歳)。

修造:「すごいところですね。オリンピックなんですか、ここは?」

樋口さん:「オリンピックなんです。燃えてます、ずっと何十年も燃えてます」

オリンピック通りは、1964年東京オリンピックにあやかって誕生。東洋子さんは通りのはじまりとともに店を開き、当時の様子を知る唯一の人物として2度目の東京オリンピックを楽しみに待っている。

修造:「(この店で)何人の人と会って来たんですか?」

樋口さん:「何人の人に惚れられたかわかんない」

修造:「オリンピックの女神みたいなもの?」

樋口さん:「そうだね(笑)」

看板娘で、相当な人気があったという東洋子さん。オリンピックを楽しみにする原点は、57年前の忘れられない光景だった。

◆夢中になったオリンピックの魅力

それは、「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール日本代表が東京オリンピックで金メダルを獲得したあとのこと。

修造:「お店はどんな感じだったんですか?」

樋口さん:「すごい!考えられない!だって喧嘩だもん。ウチに入れなくて」

キャプテンの河西昌枝選手が山梨県出身ということもあり、店内は盛り上がりたい客たちで大にぎわい。店に入れなかった客の間で喧嘩が起こるほどの熱気だったという。

人々を熱狂させるオリンピックに、東洋子さんも夢中になった。

しかし、オリンピック景気に沸き最盛期は50店以上あった通りも時代とともに店が減り、一時は東洋子さんの店しか開いていない状態に。それでもオリンピック通りの灯を絶やさず守ってきた。

すると2013年、東洋子さん悲願のオリンピックが再びやってくることに。

修造:「東京オリンピックの開催が決定したとき、どう思いました?」

樋口さん:「あのときのワクワク…『また私の時代が来た!』って思ったんですよ

残念ながらコロナ禍で大会は延期になったが、東洋子さんは意気消沈するかと思いきや、この逆境をむしろ前向きにとらえている。

樋口さん:「オリンピックで仕事に区切りをつけようと思っていたんです。でもオリンピックないんだもん。やめないでつづけますよ

修造:「何を言ってるんですか?」

樋口:「やめる計画がダメになっちゃったから、2021年は開催してみんなと一緒に楽しんで、また次のオリンピック目指します!」

元気女将、東洋子さんのできる宣言は「ワクワク元気になる!次も次も、次のオリンピックも!」。修造は「東洋子魂は金メダル!」と讃えた。

※番組情報:『TOKYO応援宣言
毎週日曜あさ『サンデーLIVE!!』(午前5:50~)内で放送、「松岡修造の2020みんなできる宣言」も好評放送中、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事