テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

フェイスラインすっきり!ゴッドハンドの技がセルフでできる「小顔トリートメント」

3月19日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV ~VOCE』では、ビュ―ティテクニックベストセレクションをお届け。

番組MCの河北麻友子さんと、これまで同番組で紹介してきたプロの技を振り返りました。

◆ゴッドハンドの技が自分でできる!小顔トリートメント

スキンケア編では、「小顔トリートメント」をレッスン。

教えてくれるのは、エステティシャンの高橋ミカさん。

高橋さんによると、小顔トリートメントのポイントは“首”にあるのだとか。

まずは3本の指で、耳の後ろから鎖骨の上まで5回流します。

首の後ろから手前にも、5回流しましょう。

次に、耳の後ろあたりをグーで揺らすようにほぐします。「1か所につき、だいたい5回くらいを5往復くらい行います!」と高橋さん。

反対側も同じようにケアしましょう。

今度は親指で、首の皮を後ろに流すようにトリートメント。これも5回行います。

高橋さんは「これをすると、フェイスラインもだんだんスッと見えてきます!」と解説。

デコルテとくびをしっかりほぐしたら、アゴ下からぐっと引き上げて、そのまま耳の後ろまでもっていきます。

さらにそこから、鎖骨の下まで流しましょう。これを左右5回やれば、首のトリートメントは完了です。

VOCE編集部も「高橋さんのトリートメントはケア直後の心地よさにまずビックリ! そしてフェイスラインのスッキリ感にさらにビックリ!」と、この「小顔トリートメント」を気に入っている様子。

首のコリは顔のむくみにもつながります。フェイスラインをすっきりさせるためにも、ぜひ試してみてください。

◆神崎恵流!イマドキ巻き髪アレンジ

ヘア編では、大人気美容家の神崎恵さんが「イマドキ巻き髪アレンジ」を伝授。

イマドキの巻き髪のポイントについて、神崎さんは「空気感とかボリュームとか、崩したりとか、巻き込む位置を変えたり…というようにやっていくと、ビックリするぐらい変わります!」とのこと。

まずは、ストレートアイロンを使ったベース作りからスタート。

少量の毛束をとって髪の根元から伸ばしましょう。「細い毛束のほうが、きれいにストレートがかかるので、できるだけ根元ギリギリのところから、はさみ込んで下に流していきます!」と神崎さん。

顔まわりの少ない毛束は、ストレートアイロンを縦に使います。

神崎さんは「顔まわりはうねっていると顔の印象が汚くなってしまうので、ここは縦にしてはさんで、縦に伸ばしていきます!」と解説。

下の毛束、全体をストレートにしたら、次はトップです。トップはストレートアイロンを使って、ふんわりとさせます。

前髪はまっすぐ伸ばしましょう。

これで、ベースとなるストレートヘアができました。

続いては、カールアイロンです。

1回で巻く毛束は、指2本分くらいの量。指2本分の毛束をねじって、中間からカールアイロンではさんで内巻きにしていきます。

そこから少しずつ横に引いて、カールアイロンを抜きましょう。

このとき、髪をしっかり引っ張りながら抜くのがポイント。髪全体をやわらかいカールにします。

続いて前髪は、前にもってきてカールアイロンではさみます。

神崎さんが「前髪でけっこう顔が変わっちゃうので。古くなるか、可愛くなるか…」というように、前髪は重要なのだとか!

まずは何回か前髪をなでます。これも重要なプロセスです。

3回ほどカールアイロンを通したら、今度は根元にはさんで、くるっと巻いていきます。

先ほどと同じように、少しずつ前に引いてカールアイロンを抜くと、ニュアンスが出ます。

ここで、仕上げのほぐし。カールをつくったあと、しっかりほぐして髪に空気を含ませることが重要です。

最後に、ワックスを髪の内側からつけます。

これで、神崎流巻き髪アレンジの完成です!

VOCE編集部は「いまや生き方も憧れの美容家・神崎恵さん。美しい巻き髪を叶えるテクは一生ものです!」とコメント。

ふんわり揺れるカールが、ナチュラルだけど色っぽい“神崎流の巻き髪アレンジ”。おうち時間が長い今だからこそ、挑戦してみては?

番組ではこのほか、「オンラインで映える!リモートワークメイク」「マスクなどの肌荒れ対策にオススメ!スペシャルスキンケア」などを紹介しています。

※『BeauTV ~VOCE』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※番組情報:『BeauTV ~VOCE
毎週金曜 深夜1:50~(※毎月最終週は休止)、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事