テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

広瀬すず×坂口健太郎、ピュア度100%の淡い距離感!SPドラマ『エアガール』ついに放送

いよいよ本日3月20日(土)に放送されるドラマ『エアガール』

日本人が日本の空を飛ぶことを許されていなかった戦後、“空”への純粋な憧れからパイロットになる夢を抱き続けるヒロイン・佐野小鞠(広瀬すず)が、当時の“最先端のお仕事”である、エアガール=CAとなって奮闘する姿を描く大型スペシャルドラマだ。

本作では、広瀬演じる小鞠と坂口健太郎ふんするパイロット志望の青年・三島優輝の“淡い恋”も描かれていくが、放送に先駆けて2人が見つめ合う“もどかしすぎる胸キュンカット”が先行公開されている。

◆運命の出会いを果たす2人!“昭和”ならではの「淡い恋」

小鞠と三島が運命の出会いを果たしたのは、小鞠の叔母・千代(松雪泰子)が営む料亭。

店を手伝っていた小鞠は、客として訪れていた当時の逓信省航空保安部長・松木静男(吉岡秀隆)の熱弁に思わず聞き入り、松木の部下である三島にとがめられてしまう。

第一印象は互いに最悪だった2人。ところが、三島は特攻隊員として戦死した小鞠の兄の親友だった事実が判明。三島は空への憧れを募らせる小鞠の思いを受け止め、エアガールの仕事へと導く。

夢に向かってひたむきな小鞠、実直でやさしい三島。この時代だからこそのピュアな恋模様が繰り広げられていく。

◆あらすじ

1928年、東京・下町で小さな町工場を営む両親のもとに生まれた佐野小鞠(広瀬すず)は、飛行機部品の生産を手がける父の影響で空へのあこがれを募らせ、パイロットになりたいという夢を抱きながら大きくなった。

しかし、兄は神風特攻隊として出撃して戦死。両親も東京大空襲で亡くしてしまい、ひとりぼっちとなった小鞠は、料亭を営む叔母・千代(松雪泰子)のもとに身を寄せることに。おかげで高等女学校だけは卒業させてもらったものの、料亭の手伝いに明け暮れる日々を送っていた。

そんなある日、小鞠は料亭の一室から「日本の空を日本人の手に取り戻したい!」という決意みなぎる熱い言葉を耳にする。声の主は、逓信省航空保安部長の松木静男(吉岡秀隆)。

日本は終戦後、GHQによって一切の航空活動を禁じられていた。さらに、吉田茂首相の側近・白洲次郎(藤木直人)は日本の航空事業を海外企業に委ねた方がよいと考えていた。だが、松木はどんな困難が待ち構えていても日本人の手で航空事業をはじめるべきという、固い信念を抱いていたのだ。

松木の話に感動し、思わず聞き入ってしまった小鞠だったが、彼の若き部下・三島優輝(坂口健太郎)に立ち聞きをとがめられてしまう。しかし、これが2人の運命の出会いとなる…。

1951年、GHQと粘り強く交渉を重ねた松木の熱意が実り、ついに戦後初の日本の航空会社“日本民間航空”が発足する。すでに社員となっていた三島からエアガールを募集していると聞いた小鞠は飛行機の仕事に関わりたい一心で応募を決意。

しかし、エアガールは最先端の超人気職! とんでもない倍率の試験が待ち構えていた。その後、数々のピンチを乗りこえてなんとか合格した小鞠だったが、入社式からわずか1週間後、あわただしく試験飛行に臨むこととなって…!?

※番組情報:スペシャルドラマ『エアガール
2021年3月20日(土)午後9:00〜、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事