テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

『うっせぇわ』を“しんのすけ”で歌う話題の美女!謎に包まれた私生活や迷走した過去

千鳥ノブ&弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが、思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』

3月13日(土)の放送では『クレヨンしんちゃん』にまつわる“なんなん女”に密着。題して「“一本の動画で人生が激変した女”って…なんなん?」が放送される。

今回登場するのは、ゲストの瀬戸利樹や横澤夏子に加えて弘中アナウンサーも大ファンと公言する、“まなまる”こと永藤まなさん。2021年1月、YouTubeにピアノの弾き語り動画を投稿したところ、あっという間に1000万回再生を記録。話題が話題を呼び、大バズりしている。

その動画というのが、『クレヨンしんちゃん』の主人公・しんのすけのモノマネで、大ヒット中のナンバー、 Adoの『うっせぇわ』を歌うというもの。今回『ノブナカなんなん?』は、まなまるさんにテレビ初密着。まだまだ謎に包まれている彼女の素顔に迫る。

スタッフとの待ち合わせ場所に現れたまなまるさんは、清楚なファッションでどちらかといえばおとなしい印象。YouTubeの動画ではピアノに向かう右の横顔が印象的なだけに、瀬戸は「顔の左側をはじめて見た!」と興奮を隠せない。

そんなまなまるさんが自宅で行っている動画撮影の様子をテレビ初公開。また、彼女の部屋に定点カメラを設置して普段の暮らしぶりものぞき見する。

◆自宅でのルーティンや“迷走動画”も公開!

これまで多くの人が挑戦し、すでにハードルが上がっているしんちゃんのモノマネ。しかしまなまるさんはエンターテインメントとして見事に昇華させ、1000万回超えの再生を記録するまでに。

YouTubeで自身がもつチャンネルも以前は3万人ほどの登録者数だったのが、話題となった動画を投稿してからは飛躍的な伸びを見せ40万人目前と、まさに“時の人”となった。しかし、動画をバズらせるまでの道のりは決して平たんではなかったと振り返る。

幼い頃からピアノ漬けの日々を送り、ピアニストになるのが夢だったものの、挫折したまなまるさん。それでもピアノの弾き語りを決してやめなかった彼女の信念とは。

さらに、ほぼグランドピアノが占領している部屋で欠かせないというルーティンに加え、ノブも「迷走しているなー」と語った、かつてYouTubeに投稿した動画や、しんちゃんのモノマネをすることになったきっかけなどを紹介する。

番組のラストには、まなまるさん本人がスタジオに登場。出演者たちのリクエストしたナンバーにその場で応える「ノブナカなんなんスペシャル即興リクエストメドレー」を開催する。

ノブも「いまさらしんのすけとナメていましたけど、これは見ごたえありますね」と聴き入った圧巻のライブに注目だ。

※番組情報:『ノブナカなんなん?
2021年3月13日(土)午後10:25〜午後10:55放送、テレビ朝日系24局

※『ノブナカなんなん?』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事