テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

渋野日向子、激動の432 日に独占密着!ゴルフ人生最大のどん底で見せた「努力」の裏側

3月13日(土)、『独占密着!渋野日向子~シンデレラが歩んだ432 日~』が放送される。

2019 年、『全英女子オープンゴルフ』で日本勢として42 年ぶりにメジャー制覇、世界中に“スマイリングシンデレラ”ブームを巻き起こした渋野日向子プロ。

しかし、全英女王となり、“海外5大メジャー全制覇”という大きな目標に向かって2020年のスタートを切ろうとした矢先、新型コロナウイルスの影響によって試合が相次いで中止や延期となる。

さらに、いざツアーが再開しても結果が出ない…。

テレビ朝日は、予選落ち、苦悩の日々、そして新たな歩みまで、1年以上にわたり渋野日向子に独占密着。アメリカ合宿の様子や独占インタビューを通して、渋野の苦悩や努力の裏側、そして合間に見せる天真爛漫な素顔を余すところなくお届けする。

◆テレビ朝日だけに語った思い、そして夢

全英女王として、世界中から注目を浴びてスタートを切るはずだった2020年。

偉業を成し遂げてもなお「まだまだ自分は下手くそ」と自己評価の低い渋野は、アメリカツアーに参戦できる権利を封印し、国内重視という選択をした。

しかし、同世代ながらアメリカで活躍する畑岡奈紗プロの強さを目の当たりにし、考えが変わりはじめる。

「早く海外に行かないと強くなれないのかな…。早くアメリカに行きたい」

そう考えた渋野は2月に渡米し、合宿をスタート。クラブを使い潰すほどまで、課題の「ショートゲーム」「グリーン周り」の特訓に取り組む。

プロゴルファー・渋野の原動力といえる努力の日々、初体験となる異国の地での生活。渋野が自分を見つめ直して語る思い、そして22歳の天真爛漫な素顔は必見だ。

1か月以上ものアメリカ合宿で技術を磨き、いよいよシーズンがはじまるというタイミングで新型コロナウイルスが猛威を振るい、国内開幕戦が史上初の延期。出場圏内にいた東京オリンピックも先送りに。

国内ツアーが再開しても結果が出ないという不穏なスタートを切った渋野の焦りや苦悩が明かされる。

◆「メジャーチャンピオンの肩書は捨てる」

『全英女子オープンゴルフ』出場のためスコットランドに向かった渋野だが、出る試合すべて予選落ち。ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ全英女子オープンも通算12オーバー、105位タイ。

練習ではできていることが試合ではできず、まったく結果が出せずに終わった渋野は、車中で「私の技量ではどうしようもありません」「すべて…わかりませんでした」と思いを吐露する。

その後転戦したアメリカツアー、国内の試合でも予選落ちの日々…。ゴルフ人生最大のどん底に落ちてしまった渋野が胸中を語る。

アメリカ―ツアーで満足のいく結果を出せなかった渋野は、「メジャーチャンピオンの肩書は捨てる」と決意、気持ちを新たにする。

すると11月15日、自身の誕生日が最終日となる『伊藤園レディスゴルフトーナメント』で、2020年シーズン初の予選通過。そこから残り2試合の順位を上げていき、前向きな発言が増えていく。

さらに、渋野が本来のスタイルを取り戻すきっかけになった尊敬する先輩からのメッセージも。

その後、12月の『全米女子オープンゴルフ』では、初出場ながら最終日を単独首位で迎えるという快進撃を見せる。日本人史上初の全米女子OP優勝、メジャー2勝は持ち越しとなったが、4位と大健闘。

“スマイリングシンデレラ”が再び世界中にその存在を見せつけた。

なぜ渋野は新たな自分を見つけることができたのか? そしてなぜ、これほどまでに人を魅了するのか――?

番組では、そんな彼女の苦悩や努力、新たな歩みの裏側にも完全密着。「遠回りしている方が正解」と語り、夢を追いつづける渋野の素顔に迫る。

番組情報:『独占密着!渋野日向子~シンデレラが歩んだ432日~』
2021年3月13日(土)午前11:00~11:40、テレビ朝日系(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事