テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

香山美子、61年前の“生意気”姿。20代半ばの黒柳徹子の横で…妖艶に足を組む16歳!

3月1日(月)の徹子の部屋に、香山美子が登場する。

番組の冒頭を飾るのは61年前の白黒写真。そこには20代半ばの黒柳の隣で、まだ16歳だった香山が妖艶に足を組む姿。そんな「生意気」だった香山も77歳を迎えた。

私生活では意外に「ドジ」な素顔を発揮して、自宅でケガを繰り返しているという。

初めて自宅で骨折をしたのは60歳のとき。階段から落ちて足を骨折し入院をしたのだった。昨年も同じ階段で転倒して、額に大きなコブをつくったばかりだという。

18歳で松竹に入社した香山は、寝る時間もないほど撮影に追われた。

番組では1976年にテレビ放映された懐かしいホームドラマを紹介。45年ぶりに対面が叶ったドラマを観て、姑役を演じた名女優・沢村貞子さんの思い出を語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年3月1日(月)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事