テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

前代未聞、14歳の少年がチェロを自作!熱い気持ちが、あの葉加瀬太郎の表情を変える

オトナ顔負けの知識やスゴイ才能を携えた子どもたちが“博士ちゃん”(=先生役)として世界で一つだけの授業を行うバラエティ『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』

2月27日(土)放送の同番組では、ある“偉業”をなしとげた14歳の博士ちゃんが登場。「3つ星!博士ちゃん検定」と題し、自分のつくったモノがプロの世界で通用するのか、憧れの人物に“3つ星”でジャッジしてもらう企画が放送される。

◆たった半年でチェロを完成させた“博士ちゃん”

今回登場した“博士ちゃん”は、浅川遊(あさかわ・ゆう)くん14歳。

クラシック好きの両親のもとで育った彼は、わずか3歳のときにチェロが大好きになり、その演奏の才能を開花。昨年2020年、14歳で初めてトップレベルの大会「第30回日本クラシック音楽コンクール」に出場し、中学校の部で全国ベスト8に入った。

そんな遊くんの中で芽生えた、ある思い――。それは、「自分でつくったチェロを自分で弾けたら、夢のようだな」というものだ。

もともと手先が器用で工作が好きだった遊くんは、その“夢”を実現させるべく弦楽器職人に弟子入り。昨年3月からチェロ製作を開始した。

自ら木を切り、組み立て、ニスを塗り…そうして彼は、たった半年でひとりでチェロを完成させてしまった。

この“偉業”については師匠も、「まずいないんじゃない。チェロを自分でつくって弾く人は。中学生でつくったっていうのは世界的にもいない」と手放しで絶賛する。

◆世界的音楽家・葉加瀬太郎がジャッジ!

そして遊くんの中では、さらなる思いが芽生えた。

それは、自分がつくったチェロの音色を一流の演奏家に聞いてもらいたい、というもの。この楽器は、正直なところプロでも通用するものなのか、「忖度なしに」聞いてみたいと遊くんは熱く語る。

そこで今回、世界的音楽家・葉加瀬太郎がその役目を引き受けることに!

世界で活躍する日本のトップ演奏者であり、さまざまな楽曲制作も手掛ける葉加瀬。こちらも「忖度なし」で14歳の少年がつくったチェロを評価する姿勢を見せてくれた。

◆予定になかった“演奏レッスン”まで開始

都内音楽スタジオにて、憧れの世界的音楽家・葉加瀬太郎との対面を果たした14歳の博士ちゃん、浅川遊くん。

緊張する彼を、葉加瀬は満面の笑みと嬉しそうな声で出迎える。

そして始まる“同好の士”2人による熱いトーク。葉加瀬が使っている楽器について、好きな作曲家について、そして好きなチェリストについてなど話し、さっそく打ち解ける。

その後ついに、「忖度なし」のジャッジタイムへ。

遊くんが自作のチェロをみせると、とたんに無言になり、真剣な表情であらゆる角度から楽器を眺める葉加瀬。

短いけれど長い緊迫の時間が流れた後、葉加瀬はふと破顔一笑。そして思わず「すっごい…」と驚きの声を漏らす。

ここから葉加瀬は、遊くんにさまざまな質問をぶつける。

すると、遊くんが過去の歴史と100年後の未来も考えて楽器をつくっていたこと、さらに、葉加瀬も経験したことがない“製作者ならではの体験”をしていたことが判明。

話を聞く葉加瀬もどんどん前のめりになっていき、ついには予定になかった“演奏レッスン”まで始まることに…!

何かをとことんまで“好き”だという少年の気持ちが、その道の超一流の表情を変え、心までをも動かしていく一部始終。最後に葉加瀬がみせる「忖度なし」のジャッジと併せて必見だ!

※番組情報:『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん
毎週土曜 午後6:56~8:00、テレビ朝日系列

※『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事