テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

麒麟・川島が「スーパー戦隊」の“しくじり”を語る!お笑いや恋愛要素がことごとく裏目に

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティ『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

2月15日(月)の同番組は「スーパー戦隊シリーズ」をテーマに放送。来る3月7日(日)に記念すべき45作目『機界戦隊ゼンカイジャー』の放送がはじまるが、それに先立ち麒麟・川島明が登壇し、スーパー戦隊シリーズ激動の3年間から学ぶ「マンネリを打破するときにしくじらないための授業」をお届けした。

◆マンネリ打破のため苦悶した3年間を解説!

1975年に『秘密戦隊ゴレンジャー』からスタートしたスーパー戦隊シリーズ。出身者には今をときめく人気俳優たちが勢ぞろいしている。

川島はそんな輝かしいシリーズ45年の歴史の中に、実は「マンネリを打破するための激動の3年間=1991~93年」があったと説明。過去、多彩なモチーフの戦士たちを登場させてきたにもかかわらずマンネリ化してしまい、子どもたちに飽きられて打ち切り寸前だったという衝撃の事実を明かした。

そこで「これまでと違う要素を入れて仕かけよう」と誕生したのが、第14作目『地球戦隊ファイブマン』。ヒーローが5人兄弟&全員教師など斬新な設定を取り入れたのだが、最大のしくじりは「宿敵のボスがドジでポンコツになる」という異色の展開。

川島は当時お笑い第3世代が台頭していたため、お笑い要素を入れたのではないかと分析したが、宿敵・ガロア艦長が途中からボケまくり、特撮ヒーロー番組とは思えないドタバタ劇を繰り広げたのだとか

それらすべての仕かけが裏目に出た結果、『地球戦隊ファイブマン』は当時の最低視聴率をたたき出し、川島はこのしくじりから「マンネリ脱却とはいえ本質を変えてはいけない」という教訓を語った。

◆スーパー戦隊の衝撃チャレンジに教室ビックリ!

そんな『ファイブマン』のあと、スタッフは「攻めすぎたから元に戻すか」もしくは「もっと尖るか」という究極の2択を迫られたが、川島いわく「これまでのヒーローモノのタブーを破りまくってもっと尖ろう」という道を選択したスーパー戦隊。

そこで誕生したのが『鳥人戦隊ジェットマン』だ。この作品は変身前の人間関係にこだわり、仲間同士の悩みを描いたのが特徴。ヒーローのひとり、ブラックコンドルが「酒、タバコ、ギャンブル好き」という異色すぎる設定で「子どもに悪影響だ!」と親世代を大激怒させてしまった。

しかも当時全盛だったトレンディドラマの要素を取り入れたのか、ヒーローの中で恋のドロドロ三角関係が繰り広げられることに。最終回では、ホワイトスワンとレッドホークの結婚式に祝福するため駆け付けたブラックコンドルが、ひったくり犯に刺されて亡くなるという衝撃の展開が描かれていることが判明する。

VTRを見た一同は「ええー!」と驚愕したものの、川島の「お決まりの作品よりめちゃくちゃおもしろかったと思う。いまだにファンも多い作品」という言葉に深くうなずいていた。

◆期待のニューヒーロー乱入で一同、大興奮!

そして、ここまでの失敗をばねに挑んだ1992年スタートの『恐竜戦隊ジュウレンジャー』では、それまでになかった「6人目の戦士」を登場させ大ヒット。見事なV字復活を成し遂げた。

そんなスーパー戦隊シリーズの激動の3年間を振り返って川島が導いた最大の教訓は、「マンネリ時に何もしないのがいちばんの“悪”。挑戦することが“正義”。すべてが経験になり固定概念を打ち破れる」。

思い切って攻め切ったからこそ、それまで見えなかった新しい道を探ることができ、『ジュウレンジャー』で人気が爆発したのだとまとめた。

そして最新作の『機界戦隊ゼンカイジャー』も、ヒーローが「人間ひとり+ロボ4人」という前代未聞の構成。川島は「(スーパー戦隊史上)いちばん攻めてます!」と力説する。

すると、その新作から主人公のヒーロー・ゼンカイザーが教室に出現。期待のニューヒーローの乱入に、教室は「うおー!」「すごいーー!」と大騒ぎ。大興奮のうちに授業は終了した。

◆『M-1グランプリ2020』王者・マヂカルラブリーが登壇!

次回3月1日(月)放送の第80回は、『M-1グランプリ2020』の覇者・マヂカルラブリーが登壇。野田クリスタルが、自身のしくじりを吐露する。

2020年、野田は『M-1グランプリ』だけでなく、『R-1ぐらんぷり2020』でも優勝したが、どちらのときも友人からの祝福メールがゼロだったと激白。実は、自身が「松本人志の生まれ変わり」だと信じて生きてきたせいで友人がまったくいないのだと、驚愕の事実を明かす。

頂上を目指して突っ走るあまり、野田が失ってきたものとは。そして、マヂカルラブリー『M-1グランプリ』優勝の裏にあった真実とは。 M-1王者のしくじり授業をお届けする。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
毎週月曜 深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※放送終了後から「ABEMA」でも配信!
(※1週間無料配信。その後は1年間、有料にて配信)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事