テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

北村匠海、泥酔&ブチ切れ事件!全員ドン引きの大爆発<にじいろカルテ>

病を抱えて山奥深くにぽつんと佇む診療所にやってきたぽんこつドクター・紅野真空(高畑充希)が、ヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)やキレキャラ看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスしながら、熱く命と向き合って成長してゆく木曜ドラマ『にじいろカルテ』。

2月18日(木)放送の第5話では、看護師としては超絶優秀で、少し鼻につくくらいの優等生という、北村匠海演じる看護師・太陽が泥酔&ブチ切れ事件を起こす。

私生活でも仕事でも真面目で面倒見が良く、いつもさり気なく真空を気づかうなど世話好きな太陽。家事全般も得意で料理もソツなくこなし、さらには、かわいいイラストなんかも描けてしまうという特技も。

看護師としての仕事っぷりもツッコミどころのないくらい完璧で、人生順風満帆、何の問題もないパーフェクトボーイに思えるが、これまで度々「看護師は女房役」「まじめ」「つまらない」などの言葉を投げかけられては過剰に反応し、その前髪ぱっつんの柔らかそうに見える印象からはかけ離れたキレキャラをさく裂してきた。

さらに真空と太陽、朔でカウントしている「~のくせに」と言ったら加算されてしまう“くせに”ポイントも、本来なら残念がるところを、1ポイントゲットしてひそかによろこぶ太陽。真空も朔も、そんな太陽の様子に気づきはじめるが、その真意は測りかねる。

そんななか、突如巻き起こる、太陽の泥酔&ブチ切れ事件。虹ノ村にバラエティ番組がやってきて大混乱。

そんな折に、いつものメンバーで食堂で酒盛りをしていたところ、いつの間にか太陽が泥酔…? 真っ赤な顔で突如ブチ切れはじめ、じじーずの頭をぺちぺち叩くわ、晴信(眞島秀和)の膝に乗るわ、号泣絶叫告白をかますわ、大暴れ。

ついに太陽が秘めていた“悩み”が明かされていく。

◆第5話あらすじ

虹ノ村に超人気バラエティ番組がやってくる…!テレビ取材に張り切る村人たちだが、真空(高畑充希)は病のことや、この村にいることをまだ母親に伝えられていないとこぼす。そんななか、テレビクルーのカメラマンが足から血を流していることに、太陽(北村匠海)は気づき…?

一方、佐和子の家で朔(井浦新)の涙を見て以来、なにか辛い過去があるのだろう…と察しつつも、本人が言うまでなにも聞かないと決めた真空と太陽。

そんなある日、真空は、畑で作業をする朔を窓からじっと眺めながら何やら考える太陽を見かける。どこか寂しげな表情で「ちょっとうらやましいなぁ」と呟く太陽に、その意味を測りかねる真空で…。

その夜、太陽の様子がおかしいことを察した朔は、妻・沙織(佐々木希)との過去を、ゆっくりと話しはじめる。

「仲間だから気を遣わせるのは嫌なんだ」とムリして笑う朔。しかし、その話を聞いた太陽は、なぜかさらに辛そうに顔をゆがめ、寒空の中、診療所を飛び出してゆく…。

数日後、ついに虹ノ村が取材されたバラエティ番組の放送日。にじいろ商店にいつものメンバーで集い、酒盛りをしていると…いつの間にか泥酔した太陽が、突如ブチ切れはじめ…。

「あんたらには、わかんねえんだよ…!」

彼女は医者で患者。彼は辛い過去を生きる男。――じゃあ、僕はなに?

はたして太陽の流した涙の理由とは…?

◆“提供読み”に注目!

第1話から虹ノ村の“村人たち”、つまり出演者たちが自ら提供読みをしており、第5話の提供読みを務めるのは、日出夫役の泉谷しげる。日出夫ならではの、渋い声でのナレーションに注目したい。

※番組情報:『にじいろカルテ』第5
2021年2月18日(木)午後9:00〜午後9:54、テレビ朝日系24局

※『にじいろカルテ』最新回は「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事