テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

小島慶子、コロナウイルスの影響で「1年間家族に会えていない」。20年ぶりの一人暮らし

2月12日(金) の徹子の部屋に、小島慶子が登場する。

元TBSアナウンサーで、現在はエッセイスト、コメンテーターとして活躍する小島。結婚21年、18歳と15歳の息子をもつ2児の母でもある。

7年前、夫の退職をキッカケに家族4人でオーストラリアに教育移住し、小島が一家の大黒柱となった。

日本で働き、オーストラリアと“往復生活”をしていたが、コロナウイルスの影響で1年間家族に会えていない状況だという。

20年ぶりの一人暮らしは寂しくて仕方ないそうで、毎日テレビ電話をして過ごしているのだとか。

3年前、元商社マンの父が84歳で他界した。

亡くなった日に父のベッドで寝たとき、枕元に孫たちの写真が飾られているのを見て、父と息子たちをもっと会わせてあげたかったと後悔した小島。

死を身近に感じ、あらためて一日一日を大切に、また周囲の人を大切にしようと思ったそう。

また、生前に父がまとめた“エンディングファイル”を持参。葬儀の内容やBGMまで、詳細に記されていた中身に黒柳徹子も興味津々となる。

※番組情報:『徹子の部屋
2021年2月12日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事