テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

<書けないッ!?>妻・奈美(吉瀬美智子)、バンパイアもの小説を引き受けることになり悩む

細々と執筆を続けながら家事全般を担っている売れない脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)に、突然ゴールデンタイムの連続ドラマの脚本執筆という大仕事が舞い込んだことで巻き起こる騒動と、彼を見守るベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)ら家族の絆を描くマイ・ホームコメディー『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』

2月6日(土)、同ドラマの第4話が放送される。

ドラマは無事にクランクインするが、圭佑(生田斗真)には一切余裕ナシ。アシスタント・仙川(菊池風磨)とともに執筆に追われる。

そんななか、奈美(吉瀬美智子)や絵里花(山田杏奈)に問題が発生

ギリギリの精神状態な圭佑の知らないところで、家族は悩みを抱えていた。

◆第4話 あらすじ

脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)が手がける『富豪教師Q』は、2週間遅れでクランクインし、ギリギリのスケジュールながら順調に撮影が進んでいる…が、圭佑にはホッとする余裕なんて一切ナシ!

アシスタントとして口述筆記を手伝ってくれることになった息子・空(潤浩)の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)とともに第5話の執筆に追われていた。

一方、順調に仕事を続けるベストセラー作家の奈美(吉瀬美智子)だが、実はある悩みが…。なんと執筆を引き受けることになった書き下ろし小説が“バンパイアもの”だったのだ!

圭佑がスキンヘッドの男(浜野謙太)の妄想に追い込まれながら悪戦苦闘しているドラマと同じテーマの作品を手がけることに気が進まない奈美だが…?

また、娘の絵里花(山田杏奈)も、仙川と圭佑のことを話すうちに、名前しか知らない“実の父親”のことが気になりはじめていて…。

しかし、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)ら制作陣のむちゃブリに追い込まれ、メンタルクリニックに通いながらギリギリの精神状態で執筆を続ける圭佑は、家族が密かにいろいろな悩みを抱えていることなど知るよしもなく…。

※番組情報:『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』第4話
2021年2月6日(土)午後11:30~深夜0:00、テレビ朝日系24局

※『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事