テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ド素人の主婦が入社10か月で社長に!“衝撃ハンバーガー”で老舗チェーンに新風を巻き起こす

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

1月25日(月)の放送では、中村アンとサーヤ(ラランド)をゲストに迎え、”職歴ゼロの主婦だったのに39歳ではじめて社会に出て運命に流された結果、ドムドムハンバーガーの社長になっちゃった人”ことフジサキさんを紹介する。

ドムドムハンバーガーとは、最盛期には400店舗あったのが、今では26店舗にまで減少した“絶滅危惧種バーガーチェーン”だ。ハンバーガーチェーン店舗数ランキングでも12位。

フジサキさんは「弱小なりの戦い方をしています」と語るが、そんな彼女が社長となった今、斬新なメニューなどの奇襲戦法に注目が集まっている。

短大卒業後、21歳で12歳年上の区議会議員と結婚したフジサキさん。2年後には男の子を授かり、順風満帆な人生を送っていたが、39歳のときに転機が訪れる。夫が都議選で落選。身体を壊して入院することになったのだ。

当時息子は中学2年生。生活のため働くことを決意し、友人の紹介で働きはじめたのは”ギャルの聖地”だった。ここで多くの得難い経験をし、いまも親交のある仲間が出来たと語るフジサキさんはその後、飲食業に携わることに。

44歳のときに居酒屋をはじめ、見事に繁盛させるが、ある日、ときどき来るひとりの男性客が「僕がやっているハンバーガーチェーンをちょっと手伝ってほしい」と声をかけてくる。この男性こそ、ドムドムハンバーガーの役員だったのだ。

当時、ドムドムハンバーガーは業績が悪く、買収した会社が再建を開始。役員男性は「何か新しい風をふかせねば!」との思いで、料理・接客抜群のフジサキさんに声をかけたという。

フジサキさんは商品開発の顧問契約し、自信のあった料理を大胆なバーガーに仕立て、好評を得る。やがてフジサキさんは正式に会社に入ってほしいと頼まれ、入社を決意。

店舗数が減少の一途をたどり、業績もボロボロのなかで厚木店の店長を任され、右も左もわからないまま店舗経営がスタートする。

店で多くの問題点に気づき、一つひとつ解決していくフジサキさんは入社からわずか半年で東日本エリアマネージャーに就任。岩手県から神奈川県全17店舗を1人で任される。

やがてがむしゃらに働くフジサキさんに会社は命運を託すことに。何と入社10か月で社長就任が決まったのだ。

あまりのスピード出世に、オードリー若林も「ドムドムの人材はどうなった!?」と驚きを隠せない。

フジサキさんは会社の立て直しを図るため、頼もしい味方とともにユニークなハンバーガーを次々と発表。大ヒットした商品とともに、商品化に至らなかった数々の衝撃バーガーも紹介し、いまもつづくフジサキさんの奮闘と挑戦を見ていく。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年1月25日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事