テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

右京(水谷豊)の“衝撃の過去”が明らかに!『相棒』元日スペシャル、今夜放送

2006年以来、毎年元日の夜にスペシャルをお届けしてきた『相棒』

2021年1月1日(金)に、相棒season19元日スペシャル「オマエニツミハ」を放送する。

2021年の『相棒』元日スペシャルには、ゲストとして岸谷五朗が出演。右京を追い回す謎のフリージャーナリスト・仁江浜光雄を演じる。

岸谷はシリーズ初の劇場版作品として2008年に公開された『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』に友情出演していたが、テレビシリーズに出演するのは今回がはじめてとなる

ある区役所職員が撲殺される事件からスタートする2021年の元日スペシャル。事件を追ううち、その人物が未成年だったころに連続暴行事件を起こしていたことが判明し、被害者のなかに撲殺事件の重要参考人と思われる男が浮上する。

しかしその矢先、思いもよらぬ出来事が起きてしまう。次なる殺人が起き、その被害者もまた“ある秘密”を抱えていた。その秘密や、右京の衝撃の過去が明らかになる。

◆あらすじ

区役所・生活福祉課職員の鎌田(永嶋柊吾)が何者かに撲殺される。臨時職員ながら誠実な仕事ぶりで上司や同僚からも信頼が厚い鎌田だったが、彼にはもうひとつの顔が。実は業務を離れたところでは経済的弱者、社会的弱者をののしり、家に悪質な張り紙を貼るなどの嫌がらせやSNSでのヘイトスピーチを繰り返していたのだ。

事件直前にも、何者かに後をつけられていた鎌田。さらに、犯人とおぼしき人物が「右足をひきずっていた」と聞いた「特命係」の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、怨恨の可能性も視野に入れ、捜査を開始する。

同じ頃、右京の前に仁江浜光雄(岸谷五朗)と名乗るフリージャーナリストがあらわれる。「数々の難事件を解決してきた杉下右京を取材したい」という申し出をにべもなく断る右京。

しかし簡単には引きさがらないと宣言した仁江浜は、事件現場にまであらわれ、右京に“少年犯罪”と“正義”に関しての議論をもちかける。

ほどなくして、鎌田は過去に連続暴行事件を起こし、少年院に入っていたことが明らかになる。連続暴行事件の被害者のなかには、事件で右足に大怪我を負ったという瀬川利光(趙珉和)の名が。容疑者の最有力に浮上する瀬川だったが、その矢先に、伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)の目の前でまさかの事態が発生する…!

仁江浜の手によって、世に次々と暴かれていく鎌田の過去や瀬川との関わり。やがて、仁江浜の真の目的が明らかになり、そこには右京が深く関わっていたことがわかる!

※番組情報:『相棒 season19』元日スペシャル「オマエニツミハ」
2021年1月1日(金・祝)午後9:00~午後11:15、テレビ朝日系24局

※『相棒 season19』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

年末年始はおうちで、とことん、テレビをどうぞ!

※配信オリジナル『杉下右京はここにいる』と『冠城亘はここにいる』は、TELASA(テラサ)にて独占配信中。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事