テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

義澤(田中圭)が最後に生徒に送る“愛の方程式”…『先生を消す方程式。』ついに最終回

“恐怖の進学校教師”と“高IQの生徒たち”が壮絶なバトルを繰り広げてきた、田中圭主演の学園サスペンス先生を消す方程式。が、12月19日(土)に最終回を迎える。

12月12日(土)に放送した第7話では、記憶を取り戻した義経先生こと義澤経男(田中圭)が「命」をテーマに授業を行っていたところ、頼田朝日(山田裕貴)が乱入。しかも、朝日は眠り続ける義澤の恋人・前野静(松本まりか)を病室から奪い、奇妙なドレスを着せて人質に取る、という展開でお送りした。

そんな衝撃シーンからはじまる最終話では、朝日が「自分に逆らえばすぐにでも静の人工呼吸器を外す」と宣告。静の命を盾に義澤に服従を要求するとともに、義澤に代わって教壇に立ち、授業を開始する。

◆義澤が最後に生徒に送る「愛の方程式」

その授業で朝日が語るのは、高校時代、自らの担任教師だった静とのエピソード。なぜ朝日は静を襲ったのか、ついに彼の口から驚くべき真実が明かされる。

さらに、義澤の授業によって「心」を取り戻したのもつかの間、藤原刀矢(高橋文哉)は朝日から「お前が刺さなきゃ、静を殺す」と義澤を刺すよう脅されてしまう。そして、最終回の予告映像では、ナイフを手に義澤に向かって突っ込んでいく刀矢の姿が。

そして、そもそも義澤は本当に生き返った身なのか、それともすでに彼の命の灯火は消えていたのか。初回から放送するたびに、衝撃と衝動を更新してきた『先生を消す方程式。』、義澤が最後に生徒へ「愛の方程式」を送る。

◆実況配信には高橋文哉と鈴木おさむが登場!

また、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』では、ドラマと連動した実況生配信を毎週実施。

最終回の生配信には、村上健志(フルーツポンチ)、橋本直(銀シャリ)、長月翠(ラストアイドル)、佐藤ちひろアナウンサー、そしてスペシャルゲストとして藤原刀矢役で出演中の高橋文哉と、脚本の鈴木おさむが登場する。

なお、「TVer」「ABEMA」「テレ朝動画」「GYAO」では、本編第1話から第7話までを一挙配信中。

◆最終話 あらすじ

すべての記憶を取り戻した義澤経男(田中圭)と藤原刀矢(高橋文哉)、長井弓(久保田紗友)、大木薙(森田想)、剣力(高橋侃)らがいる教室に、車いすに乗せた前野静(松本まりか)を連れてあらわれた、頼田朝日(山田裕貴)――。

朝日は、自分に逆らえばすぐにでも彼女の人工呼吸器を外すと義澤をけん制し、今から“授業”を行うと宣言。高校時代、担任教師だった静をなぜ階段から突き落としたのか、得意げに語りはじめる。

義澤は怒りに震えるものの、静を人質に取られ、身動きが取れずにいた…。

やがて朝日は義澤を刺すよう、刀矢にナイフを渡す。「お前が刺さなきゃ、静を殺す」と脅され、追い詰められた刀矢は、やむなくナイフを握りしめて――!?
 
義澤、朝日、静、生徒たち――それぞれに驚がくの結末が待つ、衝撃の最終話!

はたして《義経vs.頼朝》最終決戦の行方は…!? そして、義澤が命をかけて生徒たちに伝えたかった《いのちの授業》とは…!?

※番組情報:『先生を消す方程式。』最終話
2020年12月19日(土)午後11:00〜午後11:30、テレビ朝日系24局

※『先生を消す方程式。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

※「ABEMA」「テレ朝動画、「GYAOでも配信中!

※番組情報:『動画、はじめてみました
2020年12月19日(土)午後10:50〜

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事