テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

ももクロ・佐々木、 改名宣言!あーりん→“ギャルっぽい名前”に「大問題回になるかも…」

「ももクロちゃんと、○○○!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”『ももクロちゃんと!』。

12月18日(金)の放送は、「ギャル」をテーマにお届けします。

◆ギャルのカリスマ・ゆきぽよの登場に、百田夏菜子「かっこいい!」

番組冒頭、なにやらいつもと雰囲気が違うメイクの佐々木彩夏に、進行を務める寺川俊平アナウンサーが唐突に「今、何を目指しているんですか?」と質問。それに佐々木は「私はギャルになりたいんです」ときっぱりと力強い口調で答えます。

実はかねてから“ギャルに憧れている”と公言してきた佐々木。今回はそんな佐々木のために、ギャルのカリスマ的存在として知られるゆきぽよを招き、ギャルについて学んでいきます。

颯爽とスタジオに登場したゆきぽよを見てそのギャル感に、百田夏菜子は「(ギャル風メイクの佐々木と)全然違う! すべての仕草がかっこいい」と大興奮! さらに佐々木も「思い描いているギャルはこれなんですよ」と羨望の眼差しを向けます。

そんなゆきぽよがギャルになりたいと思ったキッカケは、小学校4年生のとき。近所のお姉さんが毎日違う男性にバイクで送り迎えをしてもらっている姿を見て、そのあまりのカッコよさに「弟子にしてください」とそのお姉さんに志願したと明かします。

一方、佐々木がギャルになりたい理由は「30歳になったときに、昔ギャルだったんだよねって言いたいから」とのこと。意外にもシンプルな理由に、ゆきぽよは「それだけ!? マジおもしろい」と手を叩いて喜びます。

今回は憧れのギャルに近づくべく、ももクロはゆきぽよにさまざまな疑問をぶつけていきます。

ギャルになるために、まずはココナッツの匂いのクリームをつけたと話すゆきぽよ。それを聞き、ももクロは「うわ~、ギャル!」と大盛り上がりします。

さらにゆきぽよは、ももクロにオススメのココナッツのいい香りがするクリームを紹介。「すっごくいい匂い!」とテンションがあがり、そのクリームをたくさん手につけてしまうももクロに、寺川アナウンサーが「つけすぎじゃないですか?(笑)」と思わずツッコむ場面も。

そして現在“あーりん”というニックネームがあるものの、「ギャルっぽい名前がほしい」と話す佐々木。そこで以前は“ゆうちゃむ”と呼ばれていたというゆきぽよが、佐々木に“あーちゃむ”というギャルらしいあだ名をつけます。

“あーちゃむ”を気に入った佐々木は、「今日からあーちゃむって呼んでください」と大喜び。さらに「芸名も変えたい」とまさかの“改名宣言”が飛び出すと、想像を越える佐々木の“ガチっぷり”に寺川アナウンサーから「これは大問題回になるかも…あーりんでここまでやってきたのに(笑)」と心配されてしまいます

続いてももクロは、ギャルのしゃべり方を習います。ゆきぽよに、ギャルは鼻にかかった声で話すと教わったももクロメンバーは鼻にかかった声でギャルのなかで流行っているフレーズを披露します。

まず佐々木がチャレンジしてみると、想像以上の出来映えに寺川アナウンサーも「キュンです!」とギャル御用達の言葉を使ってべた褒め。これにすっかりギャルになりきっている佐々木はギャルのしゃべり方で「うれしい~!」と喜びをあらわにします。

百田もギャルのしゃべり方を披露。「(ギャルが)降りてきた!」と自信を見せる百田ですが、ギャルとはかけ離れたその独特なしゃべり方にスタジオは爆笑の渦に。

最後、密かにTikTokでギャルについて勉強しているという高城れにもギャルのしゃべりを披露します。一同が全く想像もしていなかったまさかのハイレベルな仕上がりに、ゆきぽよは驚きの声をあげます!

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2020年12月18日(金)深夜2:40~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

ABEMAテレ朝動画キャッチアップ、logirlでも配信

※テレ朝動画『ももクロChan』毎週金曜日夕方、新作アーカイブを公開!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事