テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

伝説レスラー・三沢光晴さんの“一言”で人生激変。高2で抜擢された“職人”が、衣装に込めた“感謝の想い”

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

12月14日(月)の放送では、プロレス愛が強すぎてプロレスのコスチューム職人になった男性を紹介した。

オサムさんは、およそ1万3千点に及ぶマスクやシューズ、ガウンやタイツを作ってきたプロレスのコスチューム職人。

これまでに、ジャイアント馬場やスタン・ハンセン、長州力に蝶野正洋などのレジェンドレスラーから棚橋弘至、オカダ・カズチカなど新世代のプロレススターまで幅広くコスチュームを手がけてきた。

しかも、その衣装のほとんどはサラリーマンをやりながら、プライベートの時間に1人で作り、全盛期にはプロレス界の衣装の8割を占めていたという。

◆まさかのプロレス・ドリーム。きっかけは伝説のレスラー

そんなオサムさんがプロレスに惹かれたのは、小学5年生のとき。当時大人気だった初代タイガーマスクに出会い、強い憧れを抱く。

ところが、その興味はやがてレスラーが身に着ける“覆面マスク”へ向かい、「構造を細かく知りたい」という思いから親に買ってもらった覆面マスクを解体し、自分でオリジナルのマスクを作ってしまう。

それからは、自分で作ったプロレスコスチュームをまとって試合会場で応援する“ガチ”のプロレスファンへと成長。さらに高校2年生のとき、ある人物との出会いにより、プロレスコスチューム作りは本格的なものへと加速していく。

その人物は、二代目タイガーマスクとして活躍していた三沢光晴さん。

三沢さんの大ファンだったオサムさんは、試合会場に自作のタイガーマスクを被って応援に行き、試合後のサイン会では自作のマスクを差し出し、「このマスクにサインください! 」とお願いした。

すると、三沢さんはそのマスクを見るとこんな言葉を掛けた。

これ、兄ちゃんが作ったの?すごいな!俺のも作ってくれよ!

憧れの人の思いがけない言葉に、うれしくて有頂天になったオサムさん。その言葉通り、三沢さんのために渾身のマスクを作り上げ、1か月後、会場でマスクを渡した。

それから数日後、テレビでプロレスを観ていたオサムさんは目を疑った。なんとオサムさんの作った覆面マスクを着けて試合に出場する三沢さんの姿があったのだ。

このことがきっかけで、オサムさんは高校生ながら二代目タイガーマスクのマスク手直し担当に抜擢。プロの世界に足を踏み入れ、さまざまなプロレスラーのコスチュームを作るようになる。

◆恩人の突然の死。「プロレスと心中しようと思った」

大学卒業後、オサムさんは「好きなことと仕事はわけよう」と思い、サラリーマンとして就職。本業の傍ら、プライベートの時間に副業としてプロレス衣装作りをつづけた。

二重生活は多忙を極め、通勤電車のなかでしか眠る時間がないほどだったが、オサムさんはなんとか会社にバレないように副業をつづけ、増えつづける依頼に対応していった。

すると10年後、衣装作りの給料がサラリーマンの給料を超えるまでになる。驚くべきことに年間400着ものコスチュームを作り、全盛期にはひとりで業界の8割をシェアしていたのだ。

しかし、そんな順調にきていたオサムさんに、突然の悲報が届く。2 代目タイガーマスク・三沢光晴さんの突然の死だ。

2009年、試合中の事故で亡くなってしまった三沢さん。公私ともに大変お世話になっていたオサムさんは、いてもたってもいられず、追悼試合が行われる試合会場に駆けつけた。

そして、会場にいた武藤選手に、「三沢さんのプロレス人生がつまった衣装を作るから、試合で着てほしい!」と直談判する。

「自分にできることは衣装を作ること」と思い、三沢さんへの感謝を衣装に込めようと決意したのだ。

武藤選手の了承を得ると、オサムさんは飛んで帰って作業に取り掛かり、一睡もせずにミシンを踏んだ。それでも間に合わず、移動のタクシーのなかでラインストーンを張り付け、試合開始ギリギリで武藤さんに渡した。

オサムさんが作り上げたのは、三沢さんのトレードカラーのグリーンを指し色に、二代目タイガーマスクが被っていた白いひげを使ったガウン。三沢さんが最後の試合で着ていたガウンの残り生地も使用し、恩人へのありったけの思いを込めた。

「自分なりの供養ができた」というオサムさんは、この出来事を機に会社を退職し、現在はジャイアント馬場さんやアントニオ猪木さんなど800人以上の型紙を生かして、復刻シューズやオリジナルの衣装作りに邁進している。

三沢さんがリングの上で亡くなったのは、『お前らもプロレスを命を懸けて守れよ』っていうメッセージ。その時点でプロレスと心中しようと思って、衣装作り一本で行こうとなりました」と、三沢さんへの想いを語った。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
毎週月曜 よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事