テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

滝沢カレン「本当におもしろいです」と笑いが止まらない!神田伯山、JO1のスターダンスに挑戦

12月12日(土)放送の伯山カレンの反省だ!に、社会現象を巻き起こした大人気グローバルボーイズグループ・JO1が登場。彼らが、神田伯山にダンスを指南する。

オーディション番組を勝ち抜いた11人からなるグループで、2020年はアジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」で「Best New Asian Artist」にも輝くなど大活躍のJO1。

ロケ内容を聞いた伯山は「無理ですよ。踊りは歌以上にヤバいですよ」と早速ぼやき、及び腰。JO1と対面した際に、「Go To The Top JO1です」と挨拶をされると、伯山は「ほんと、何言ってるのかわからなかった」「なんておっしゃったんですか?」と早々に失礼な発言を放つ。

しかし、リーダーの與那城奨(よなしろしょう)に、「なんでリーダーなんですか?」と質問し、リーダーがオーディションでメンバーのなかでは最下位の11位だったと聞くと、「でもリーダーが11位にいるからグループがまとまってますよね。ちょっと高木ブーさんみたいな位置で」とフォローにならない失礼な発言が飛び出し、“伯山節”は止まらない。

今回教えてもらうのは、JO1の『Shine A Light』という曲の「スターダンス」という踊り。早速JO1にダンスの見本を見せてもらった伯山は「え!? 嘘でしょ?」と引き気味で、「一個問題があって、長いよね」と注文をつけはじめる。

さらに、基礎からダンスを教えてもらうが「無理!」と早々にギブアップ。結局、曲を予定の半分の長さにし、ダンスも急きょ伯山オリジナルバージョンを作ってもらうことに。すると、意外にも伯山はまじめに取り組みはじめ、合間には自主練もするなど本気モードに。

さらには、「本番は強いタイプなんで。まぁ頑張りますよ。でもできるでしょ」と強気な発言まで飛び出す。

VTRを見ていた滝沢カレンは、「もう大爆笑!」「本当におもしろいです」と終始笑いが止まらない。

※番組情報:『伯山カレンの反省だ!
2020年12月12日(土)深夜0:05〜深夜0:30、テレビ朝日( ※一部地域を除く)

※『伯山カレンの反省だ!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事