テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

長嶋一茂、20代で経験した“修羅場”。彼女の家で彼氏と鉢合わせ、あわや乱闘かと思いきや…

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

12月4日(金)の放送では、一茂が若かりし日に体験した恋の修羅場を語る場面があった。

◆驚きの鉢合わせエピソード

それは一茂が20代のころ。当時付き合っていた彼女のアパートで彼女の誕生日を祝っていたところ、ある事件が起きた。

そのアパート2階だったんですけど、急にすごい爆音がしたんですよ。『何の音かな?』と思って窓開けたら、ベンツの改造車ですよ。白のベンツ

ベンツの主は車のドアを閉めると、アパートの階段を上がってきた。2階にいる一茂はその足音を聞いていたが、足音はどんどん近づき、ついに彼女の家の前までやってきて、インターホンを鳴らす音が部屋に響いた。

「え?これベンツ乗ってた人じゃないの?」と驚く一茂に、「そう」と答える彼女。実は、ベンツの主は彼女が付き合っていた彼氏で、この日の誕生会に呼んでいたのだ。

一茂はそのことを聞かされるやいなや「俺帰んなきゃ!」と焦りまくり、窓を開けて逃げようとした。しかし、なぜか彼女は一茂の腕をつかみ、「ここにいて」と頼んだ。

仕方なく彼氏と対面することになった一茂。あわや乱闘か…と思いきや、その後驚きの展開に。

彼はもちろん俺がいると思ってないわけ。俺ももちろん彼氏が来ると思ってない。でも男同士ってなぜか知らないけど、挨拶するの(笑)。で、ちょっと沈黙が流れる。で、彼女が一言ボソッと彼にこう言った。『そういうことなの』って。わかる?『今は俺と付き合ってるから、あなたとは別れたい』ということを言ったワケ

その言葉を受け、彼氏はアパートを去ったという。一茂はその男性にいまだに罪悪感を抱いている様子で、「その女性は今、すごく幸せに暮らしているのを知っているのでいいんだけど…ちょっとその彼、募集してみようか?」と提案し、スタジオの面々から一蹴されていた。

番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる6:45〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

新動画配信プラットフォーム「テラサ」では過去の放送回を配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事