テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

2021年正月に『天気の子』地上波初放送!新海誠監督、醍醐虎汰朗、森七菜がコメント

日本を代表するアニメーション監督・新海誠氏が2019年夏に世に放った映画『天気の子』

観客動員数1000万人超、興行収入140億円を突破し、第43回日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞にも輝いた同作が、2021年1月3日にテレビ朝日で地上波初放送されることが決定した。本編ノーカット版で放送される。

©2019『天気の子』製作委員会

『天気の子』は、異常気象で長雨が続く夏、離島から家出してきた高校1年生の少年・森嶋帆高が、東京の片隅でひとりの少女に出会ったことからはじまるストーリー。

その少女、天野陽菜には“祈るだけで晴れをもたらすことができる”という不思議な力があり、2人は運命に翻弄されながらも自らの生き方を“選択”していく。

新海監督ならではの切なく繊細なストーリーと圧倒的な映像美が日本のみならず世界中の観客を魅了。

醍醐虎汰朗と森七菜というフレッシュな2人が瑞々しい演技で帆高と陽菜の心の揺れ動くさまを表現したほか、小栗旬、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子という充実のキャスト陣も集結。

新海監督の前作『君の名は。』に続いてRADWIMPSが音楽を担当したことも話題を集めた。

また、『天気の子』の副題は『Weathering With You』。“weather”には「天気」のほかに「嵐や困難を切り抜ける」という意味があり、『Weathering With You』には「厳しい天候や困難を一緒に乗り越えよう」という思いが込められている

これまでの当たり前が当たり前でなくなり、世界が一変した2020年。2019年の公開時に本作に触れた人も、今あらためて見返すとまた違った感動が胸に迫ってくるだろう。

◆新海誠監督コメント

「このままでは、いつか世界は大変なことになってしまう」そんな漠然とした不安を、実は皆、ずっと感じ続けていたような気がします。2019年夏、『天気の子』の物語を作った理由も、そんな暗い予感にすこしでも抵抗したかったからでした。

そしていま、我々の社会はあの頃には想像もしなかった困難の中にあります。「降り止まない雨の中になんとか光を見出そうとする」この物語が、2021 年の視聴者の方々にもすこしでも楽しんでいただけるのならば、それに勝る喜びはありません。

◆醍醐虎汰朗コメント

各分野のスペシャリストの方々が集まって作り上げた素敵な作品を今回は皆さんにくつろいで観て頂ける空間にお届けできるのは凄く嬉しいです。

まだ劇場で観賞されていない方はもちろんですが、すでにご覧になられた方も、また違った環境で鑑賞することで見え方、聞こえ方、感じ方が変わり新鮮な気持ちで見て頂けると思います。観る時のご自身の年齢やその時の感情によっても捉え方が変わる多面的な作品です。

何かを一筋に想う純粋で真っ白な気持ちを、美しい映像と音楽と共にお届けします。是非皆さんの大切な人と一緒にご覧下さい!!

◆森七菜コメント

映画『天気の子』の地上波初放送が決定しました!2019年の夏、陽菜と帆高の選択に誰もが心奪われていました。帆高が大切な人を守るために一直線に走っていく姿は2020年になった今、改めて、あたらしい意味も込めてたくさんの方々に勇気を贈ることができると思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。是非、映画『天気の子』と一緒によい新年をお迎えください。

※放送情報:映画『天気の子』
2021年1月3日(日)よる9時から地上波初放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事