テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

尾木直樹、コロナ禍で孫との仲が深まる。「テレビのなかの人」から「現実のおじいちゃん」に

12月1日(火) の『徹子の部屋』に、尾木直樹が登場する。

70歳を超えてなお精力的に活躍する、尾木ママこと尾木。

もともと家事も大好きで得意としているが、最近はとくに“お弁当作り”にハマっているという

前日の夜に調理し、朝は15分で詰めるだけ。最初の弁当があまりに彩りがなかったことを反省し、徐々に進化させていったと、弁当の写真も披露する。

コロナ禍で在宅が増え、同居の孫たちとの仲が今までになく深まったそう。おじいちゃんは「テレビのなかの人」だったのが、「現実のおじいちゃん」になったという

なにげない日常のなか、ふいに孫たちが贈ってくれた小さなプレゼントを持参し、孫にメロメロなおじいちゃんの素顔をのぞかせる。

一方、法政大学で名誉教授も務める尾木。なかなか対面授業が再開されない大学生たちへのアプローチを模索していると語る。現代の若者たちがもつ心の悩みにも迫った。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年12月1日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事