テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

緒形幹太が語る、亡き父・緒形拳さんの素顔。幼少期は「寂しい思いはしなかった」

11月27日(金) の『徹子の部屋』に、緒形幹太が登場する。

2008年に惜しまれつつも亡くなった名優・緒形拳さん。十三回忌を迎える2020年、長男の幹太が、家庭での素顔などを、思い出の品とともに語る

父は地方での泊まり込みの撮影で家に帰らないときも多かったが、それでも幹太は「寂しい思いはしなかった」と幼少期を振り返る。

拳さんは家族のために、出先から得意の絵と書で“絵手紙”を送ってくれ、お正月には必ず海外旅行に連れて行ってくれたのだとか。

現在、“書家”としても活躍している幹太。“書”は小さい頃に父から泣いてしまうほど教え込まれトラウマになっていたが、最近になり心境が変化したのだそう。幹太が、父とそっくりな“書”を黒柳徹子に披露する。

また、拳さんの飼い猫との貴重VTRや、初公開となる家族写真も紹介。ドラマや映画にはけっして映らないお茶目な拳さんを偲ぶ。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年11月27日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事