テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

マリコ(沢口靖子)、高級魚100匹を干物に!浮かび上がる“美人モデル”との関係

11月26日(木)、科捜研の女 season20第6話を放送する。

有名カメラマンが殺害された。事件を追うマリコ(沢口靖子)たちの前に浮かび上がったのは、“魚の干物”と“うるおい美肌No.1の美人モデル”。

接点のない2つの存在は、事件にどう関わっているのか。謎を解くべく、マリコが高級魚100匹を干物にする

◆第6話あらすじ

京都市内のトンネルで、有名カメラマン・梶木譲士(栄信)の遺体が見つかった。

現場の状況から、被害者は別の場所で殺害され運ばれてきたものと思われたが、臨場した榊マリコ(沢口靖子)は着衣に白い粉が付着しているのを発見する。また、梶木のズボンのポケットから、幼い少女が写った写真の切れ端を見つける

そこへ、藤倉甚一刑事部長(金田明夫)が組織犯罪対策課の刑事・中川昇(須田邦裕)を伴って現れた。

中川によると昨夜、薬物取引が行われるという情報が入り、とあるパーティーに潜入していたところ、参加者のひとりだった梶木が途中で行方をくらましたという。2人は白い粉を薬物とにらんでいるようだった。

ところが鑑定の結果、白い粉は薬物ではなく岩塩と判明。梶木は死の直前、“シロギス”という魚の干物を食べたこともわかった。また、梶木は数年前まで第一線で活躍していたが、最近は仕事を脅し取るため関係者のスキャンダルを隠し撮りしていた事実も発覚する。

事件当夜、梶木が参加していた宴席は、人気モデル・水沢キヨラ(矢島舞美)のバースデーパーティーだった。

“果物のように潤いたっぷりのジューシー肌”をアピールポイントに掲げるキヨラは、パーティーの料理に干物があったかと問うマリコに対し、「私がそんな乾いたものを食べるわけないでしょう」とイライラ。

当日の料理を手がけたカフェのオーナー・草谷ゆり子(長野里美)も、フルーツ中心で魚は出さなかったと証言する。だが、その矢先、パーティーの片隅でキヨラと梶木が言い争っていたという目撃証言が浮上して…

その後、科捜研は、被害者の足どりを追うため、梶木が最後に食べた干物を徹底捜索する。

そしてとある実験を行うため、マリコは多数の高級魚を使って干物作りに乗り出すことに…!? 干物が語る、衝撃の真相とは…!?

※番組情報:『科捜研の女 season20』第6話
2020年11月26日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事