テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

池波志乃、夫婦で終活。夫・中尾彬のストールは200本処分したが、どんどん増える

11月16日(月) の『徹子の部屋』に、池波志乃が登場する。

大病をきっかけに、夫の中尾彬と“終活”をした池波。千葉と沖縄にあった家2軒を処分し、東京の家の終活も徐々にはじめていた。

しかし、コロナ禍で旅行や外食を控え自宅にこもることが増えたため、家でいろいろな料理をつくろうと海外の調味料やケーキの型など一度は大量に処分したはずのキッチングッズをつい買ってしまい、また荷物が増えているという。

夫のトレードマークのストールも200本処分したが、どんどん増えている。ただ、以前と違って「本当に欲しいか?」と立ち止まって考えることができるようになり、終活の効果を感じているそう。

実は終活中、母の遺品から、54歳の若さで亡くなった父・金原亭馬生さんの“宝物”が出てきた。今回はそのなかでも貴重な、祖父・古今亭志ん生さんや祖母・おりんさんと一緒に撮影した写真を公開する。

2019年、23年ぶりにドラマに出演し、祖母・おりんを演じた池波。

伝説の落語家と呼ばれ、荒唐無稽な生活をしていた祖父を針仕事で支えた祖母。その家風は池波にも伝わり、“俳優に生活苦で不安な顔させてはいけない”と、「お金は腐るほどある」が口癖のようになっているのだとか。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年11月16日(月)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事